ゴシップ

山本耕史イベント前にマスコミ怒号&失笑の嵐! 現場がヒートアップしたワケ

【この記事のキーワード】
山本耕史

『記憶に残る名店』(東京カレンダー)

 堀北真希との“交際 0日婚”で話題となった山本耕史が 2日、英国産ジン「ボンベイ・サファイア」のイベント「STAR OF BOMBAY 」に登場。しかし、イベント前からマスコミの怒号が飛び交い予定時間も大幅に押してしまうという事態が発生していたという。

この日までに配布されていたイベント案内状には山本による囲み取材があると記載されていました。ですが、当日、イベント開始直前になって PRスタッフから囲み取材がなくなったとお詫びがあったんです。各局そうなった理由の説明を求めたのですが、 PRスタッフはお詫びをするのみで、理由はとにかく話さない。マスコミは囲み取材のある・なしによって取材に行くかどうかを決めることもあるほど重要な事柄ですし、会社に戻れば上司への報告義務もあるため、 PRスタッフと報道陣の間でどんどんヒートアップしていきました。そのため場内は失笑と怒声の嵐でしたね」(ワイドショー関係者)

 こんな押し問答があったため当然、イベント時間は後ろにずれ込むこととなり、現場では「時間が無駄になった」(同)と愚痴もちらほら聞こえていたという。そんな不毛かと思われた PRスタッフとマスコミのやりとりだが、きっちりと決着がつくことになったという。

「しばらく協議のために後ろに行っていた PRスタッフが戻ってきて、一転して山本側が快諾し囲み取材をすると言い出したんです。囲み取材をしないと言っていた理由は、山本側の承諾を得ないで PR会社側が先走って囲み取材があるという案内状をまいていたという説明でした。それだけ紛糾した末の囲み取材だったので、山本が堀北のことを語らないんじゃないかという不安もあったのですが、山本はとくに嫌がる様子もなく、堀北へマメにプレゼントをあげているエピソードなどを話していました。この“神対応”ともいえる山本へ、記者たちも『急場で受けたのに対応が良かった』と好印象だったみたいです」(同)

 チャンスを逃さず堀北と新幹線に相乗りして結婚までこぎつけたという山本。今回のイレギュラーでも好感度を上げてしまうあたり、今年は“持って”いたのかもしれない。ただ、夕方からの会見だったにもかかわらず、山本はなんと二日酔いから醒めない状態で酒臭さをプンプンさせており、「午前3時まで飲んでた」「焼酎50杯くらい……」と話していたため、呆れた記者も少なくなかったようだ。堀北はそんな夫の奔放さも愛しく思うのだろうか。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

スター・オブ・ボンベイ 750ml×1本