ゴシップ

そのヌルさがファンの夢を砕く…。K-POPアイドルのライブに苦言を呈します!

【この記事のキーワード】
KOREA120a

一度砕いたファンの夢を、ライブで取り戻せる? U-KISS公式HPより

 U-KISS(ユーキス)のメンバー、イライが、「俺、実は1年以上前に結婚してました。んで、まもなく子どもも産まれるんすよ。俺が指輪してたから、みんな気づいてたかもしれないけど。そこんとこよろしくっす」的な衝撃の投稿をInstagramにぶっこみ、ファンとその周辺を騒然とさせた師走のはじめ……。そろそろ世間はクリスマスモード本番でしょうか?

 とっくにインスタの投稿は削除され(本人が「すぐ削除しなくちゃ(笑)」のタグを付けてましたし)、リーダーのスヒョンが謝罪したり、ほかのメンバーが「結婚は恥じるべきことじゃないからお祝いしよう」とコメントしてさらに火に油を注いだり、本人が今度はTwitterで「突然の告白は家族を守るためだった」と神妙に語ってみたり……ファンの気持ちをどんだけ気ぜわしくさせるんだ、というこの騒動、2016年まで引っ張るかもしれません。

KOREA120b

削除された投稿

 U-KISSはメンバーの入れ替わりなど、これまでもいろいろあったグループなので、耐性のついているファンは「あの事務所なんでもアリだな」と笑いとばしたり、祝福しようとがんばっているようですが、結婚していて1年以上も沈黙していたことに当然、「騙されてた!」と憤る向きは多く、パパアイドルの誕生はそう簡単に受け入れられなさそうです。来日クリスマスイベント、いったいどうすんだろ?

 ライブではとても楽しませてくれるグループなんですけどね、残念です。ということで、今回はライブのお話を(笑)。仕事でもプライベートでもアーティストやアイドルグループのライブ公演に足を運ぶ機会はとても多いのですが、ライブで腹が立ったり、がっかりすることがあります。

スキャンダル以前にライブで夢を砕く

 まず、ひとつ。これは新人アイドルグループに多く見られるケースですが、舞台で失敗したときにヘラヘラ笑ったり、愛嬌のあるしぐさでお茶を濁したりされると、イラッとします。新人であろうと、お金をとるならプロはプロ。「愛あるファンのみなさんは失敗しても僕がかわいければ許してくれる」という甘ったれた考えは即刻、脳内から消去してもらいたいです。

 そういえば、いまはとても人気者になった某グループが昔、小さなライブハウスでパフォーマンスをしていて、シリアスな曲の最中に間違えてしまったときに「にひひひ」としまらない態度をとったので、生温かい笑いのさざめきが会場にわき起こりました。それを会場の後ろから見ていた事務所のマネージャー、笑ったファンたちに向かって「静かに!」と注意したのには驚きましたよ。どんだけ自分のところのアーティストに甘いねん!(その当時はまだ「アーティスト」と呼びたくはありませんでしたが)

 デビューして間もなくでまだ持ち歌が少ない場合、グループのメンバーそれぞれがJ-POPやK-POPの有名曲をカバーするソロコーナーがあるのですが、あれ、カラオケ以上のレベルに達しないのなら、やめていただきたいです。もちろん、他人の曲でも魂をもっていかれるくらいに歌いあげるアイドルもいるので、カバーが悪いと言っているのではありません。ただ、素人がカラオケで歌って「うまいね」と言われる程度のステージは正直、聴いていられません。

「今日、友だちのカラオケ聴きに来たんじゃないけど……」と心の中でぼやきながら、早く終わってくれと願い、本人の代わりに恥ずかしくなり、ライブそのものが中だるみして失速する結果になります。どうしても余興がほしければ、フルコーラスではなくサビだけメドレーでさくさくっとお願いします。聴かされるこっちはほんとにツライんです(笑)。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

RIVERIVER Vol.09カバーA版表紙:BEAST 裏表紙:ソ・ジソブ