ゴシップ

武井咲・剛力彩芽が消えた。CM起用激減、オスカー“ゴリ押し勢”の凋落ぶり

【この記事のキーワード】
左:武井咲 2016年 カレンダー 壁掛け B2(ハゴロモ)/右:剛力彩芽 2016年 カレンダー 壁掛け B2(ハゴロモ)

左:武井咲 2016年 カレンダー 壁掛け B2(ハゴロモ)/右:剛力彩芽 2016年 カレンダー 壁掛け B2(ハゴロモ)

 メディアの調査・分析を行うニホンモニター社が、毎年暮れの恒例となった「2015タレントCM起用社数ランキング」を発表した。調査対象は今年1月1日~11月30日までに、東京地区民放5局に地上波でオンエアされた分で、番宣、本人出演のドラマコラボCM、CD、DVD、ゲーム・楽曲配信・映画CM、楽曲PV内出演や、ナレーションのみでの出演等は除かれている。

 その結果、女性タレント部門でトップに立ったのは、上戸彩(オスカー・プロモーション)で13社。男性タレント部門では相葉雅紀(嵐)が12社で首位となった。

 上戸は、昨年は12社で3位タイだった。今年は出産による休業期間があったにもかかわらずのトップ返り咲きという快挙で、2010年以来、5年ぶりのCMクイーンとなった。しかし、上戸以外の「オスカー勢」は残念な結果になっている。

 女性タレント部門では、有村架純、杏、広瀬すず、山本美月の4人が2位タイ(12社)に並んだ。有村は昨年に続き、惜しくも1社足らず、2年連続の2位。杏は昨年の10位タイ、山本は昨年の15位タイから急浮上。広瀬は昨年のランク圏外から一気に2位タイに上り詰めた。

 昨年のCM女王・ローラは11社で、6位に降下。昨年3位タイだった桐谷美玲、大島優子は10社で、7位タイまで順位を下げた。

 ここまでに名前が出てこないことからもわかるように、上戸が所属するオスカーの“ゴリ押し”タレントである武井咲、剛力彩芽の凋落ぶりは明らかだった。

 2013年のランキングを見てみよう。武井が17社で首位に輝き、剛力も12社で堂々の4位タイに入っていた。ところが武井は、昨年が11社で8位タイ、今年は9社で11位タイとなり、トップ10からも消えた。CM女王からわずか2年で、あっという間の陥落ぶりだ。かたや、剛力は昨年、今年とランクにすら入っていない。当時、彼女たちがCMに引っ張りだこだったのは、決して視聴者支持や人気の裏づけではなかった。

「一時期、オスカーは武井と剛力をゴリ押しし、ドラマ、CMの仕事を獲りまくりました。それは『ギャラは安くてもいいから使ってくれ』という極端な手法でした。数多くのCMに出演していれば、ドラマの主演やヒロイン役も獲りやすくなります。しかしそうして主演を張っても、ドラマの視聴率が低ければ、CMスポンサーも引いていく。真の実力、人気が伴わないため、2年経ったらこの有様です。武井はまだなんとかギリギリの線で踏ん張っていますが、剛力はもはや落ちるところまで落ちた感があります。事務所はまだ主演ドラマをやらせるようですが、いい加減、主演させるのは彼女がかわいそう。来年のランクはさらに下がるのでは?」(芸能関係者)

 どんなに事務所がゴリ押しして、一時的に仕事を得られても、最終的には実力がなければ淘汰されてしまう。武井と剛力がここから巻き返せるかどうかは、本人次第となりそうだ。

____

「2015タレントCM起用社ランキング」(ニホンモニター社調査)

<女性タレント部門>
1位 13社 上戸彩 ※昨年3位タイ
2位タイ 12社 有村架純 ※同2位
2位タイ 12社 杏 ※同10位タイ
2位タイ 12社 広瀬すず ※同圏外
2位タイ 12社 山本美月 ※同15位タイ
6位 11社 ローラ ※同1位
7位タイ 10社 大島優子 ※同3位タイ
7位タイ 10社 桐谷美鈴 ※同3位タイ
7位タイ 10社 指原莉乃(HKT48) ※同圏外
7位タイ 10社 マツコ・デラックス ※同10位タイ
11位タイ 9社 綾瀬はるか ※同圏外
11位タイ 9社 木村文乃 ※同圏外
11位タイ 9社 佐々木希 ※同圏外
11位タイ 9社 武井咲 ※同8位タイ
11位タイ 9社 本田翼 ※同10位タイ
11位タイ 9社 吉田羊 ※同圏外
17位タイ 8社 石原さとみ ※15位タイ
17位タイ 8社 米倉涼子 ※同圏外
17位タイ 8社 吉瀬美智子 ※同圏外

<男性タレント部門〉
1位 12社 相葉雅紀(嵐) ※昨年3位タイ
2位タイ 11社 櫻井翔(嵐) ※同1位タイ
2位タイ 11社 二宮和也(嵐) ※同6位タイ
4位タイ 10社 大野智(嵐) ※同6位タイ
4位タイ 10社 錦織圭 ※同圏外
4位タイ 10社 西島秀俊 ※同6位タイ
4位タイ 10社 松岡修造 ※同1位タイ
8位タイ 9社 岡田准一(V6) ※同6位タイ
8位タイ 9社 松本潤(嵐) ※同12位タイ
10位タイ 8社 笑福亭鶴瓶 ※同圏外
10位タイ 8社 登坂広臣(三代目JSB) ※同圏外
10位タイ 8社 松坂桃李 ※同圏外
10位タイ 8社 向井理 ※同6位タイ
10位タイ 8社 村上信五(関ジャニ∞) ※同12位タイ
15位タイ 7社 阿部寛 ※同3位タイ
15位タイ 7社 有吉弘行 ※同圏外
15位タイ 7社 妻夫木聡 ※同圏外
15位タイ 7社 本田圭佑 ※同3位タイ
15位タイ 7社 松重豊 ※同圏外

(文=森田英雄)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

CM NOW (シーエム・ナウ) 2016年 1月号