ゴシップ

「泥ダンゴを延々とつぶさせる」辻希美の子育てスキルが高すぎる!!

【この記事のキーワード】
『ママモコモてれび』(日本テレビ系)オフィシャルFacebookより

『ママモコモてれび』(日本テレビ系)オフィシャルFacebookより

 12月12日土曜日、東京都内にて行われた『ママモコモてれび』(日本テレビ系)の子育て支援イベント『モーニング娘。から、モーニングママ。へ ~アイドルの子育てリアルライフ~』に元モーニング娘。の飯田圭織(34)と辻希美(28)が出席した。

 このイベントで気になることの一つが、どんなお客さんが集まるのか? ということだ。モーニング娘。世代のかつてのファンか、それともブログ炎上女王として長らく君臨し続ける辻の熱心なウォッチャーか? 受付開始前から様子を見ていると、参加客がロビーに続々と集まってきた。未就学児童OKのイベントであるため、そのほとんどが子連れだったが、ママだけでなくパパ同伴が非常に多かった! 子どもは小学生未満の幼い子たちが目立ち、首の座っていない低月齢児もかなりいる。子育て中の息抜きがてら、子どもと一緒に楽しめる外出先のひとつとしてちょうど良かったのかもしれない。ちなみに開催地は汐留だ。

 ママ&パパは軒並み若い。開演後、世代ごとに手を挙げる場面があったが、20代が一番多く、次が30代。清楚系のママもいれば、親子ともに茶髪のファミリーもいる。地方のイオン色が強い印象を受けた。ベビーカーはCombi、アップリカなどの軽さや開閉の簡単さをうたっているものが目立った。都内(というか港区周辺)のスタンダード、激重ベビーカー・エアバギーなどここではアウェイである。

 会場内にはキッズスペースや授乳室、オムツ替えコーナー、ウォーターサーバーがあり、子連れでも快適に過ごせる必要最小限の設備が揃っていた。客席はマットが敷き詰められ子どもを寝かせたりしながら座って過ごせるようになっている。小さな子どもの泣き声や叫び声が響く中、いよいよイベントが始まり飯田と辻が登場。“アイドルの子育てリアルライフ”が語られた。

モー娘。ママたちの会合は…

 飯田は現在、1歳半の男児を育てており、辻は8歳の長女、もうすぐ5歳になる長男、2歳の次男を育てている。辻は「長女がすごいでかくて足のサイズとか23センチあるんですよ。家系的に手足が大きい家系なので、それが遺伝したのか……靴下は一緒に使っています」と、驚き発言。8歳で23センチ……確かにでかい! と思ったが、少し調べると、8歳女児の平均靴サイズは21~22センチだそう。い、意外とでかい。

 辻は小学校6年生のときにモー娘。入りしたが、小学校2年生の長女もあと4年すれば当時の辻と同じ歳になる。「もう不思議で。自分でも受け入れられない気持ちもまだありますね正直」と感慨を口にする辻。子供の成長ってあっという間だな……。この会場にいる幼子連れのパパさんママさんたちは、おそらく全員、辻より親歴が短い。辻が誰よりも先輩。だからこそどのお客さんも、彼女の話に真剣に耳を傾けている。

 そういえば後藤真希(30)も12月8日に第一子となる女児を出産し、モー娘。含むハロプロメンバーのママ化が進んでいるが、メンバー間での“ママ友”的なつながりは、さほど強くないらしい。

辻「メンバーでのママ会はまあ、しなくはないんですけどほんとみんなバラバラだったり住んでる場所も遠かったりするのでなかなか機会はないんですけど。でもやろうねってすごい言ってるんだよね」

飯田「そう! だからごっちんが落ち着いたらママ会しようねってこないだ言ってたんですけど」

 藤本美貴(30)も第二子を出産し、松浦亜弥(29)もママ、石黒彩(37)は辻以上にママ歴が長く三児の母、中澤裕子(42)も二児を育て中。あ、市井紗耶香(31)も三児の母である。あらためて列挙すると、やはり母となった仲間は多いのだが、これまではママ会開催はそれほどしてこなかったようだ。ゴマキ出産でついに一同が結集となるのだろうか……? でも無理しなくてもいいんだよ……実は仲良くない関係なのに、「子どもを産んだから」なんて共通点で無理矢理集まっても、しんどいだけなのだから。

1 2 3

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

はじめてのキャラ弁―忙しい朝でも、かわいいお弁当がスグ作れる! (GAKKEN HIT MOOK)