ゴシップ

「リアル“キングとジェシー”」窪塚洋介、結婚宣言のPINKYは“あげまん”

【この記事のキーワード】
PINKY Instagramより

PINKY Instagramより

 俳優でレゲエDJ「卍LINE」としても活動している窪塚洋介(36)が16日、自身のTwitterで再婚を宣言した。

「歳男。芸能生活20周年。ハリウッド出演、卍ベスト盤発売、、、この大きな節目とも言えるような 特別な年の最高の仕上げとして、そして、さらなる高みを目指すために、ここ数年”伴侶”として寄り添ってくれている、PINKYこと菅原優香と、そろそろ結婚しますです。ご報告デス。」

 恋人であるレゲエダンサー・PINKYとの結婚宣言である。

 窪塚は2003年に元レゲエダンサー女性(通称のんちゃん)と結婚し、息子も生まれたが、2012年6月に離婚を発表。その翌月にはPINKYとの交際が週刊誌などで取りざたされた。また窪塚がのんちゃんとの離婚を発表した日はPINKYの誕生日であり、彼女がTwitterで「何よりのBirthdayプレゼント…ダーリン」などとつぶやいていたことから、2人の交際が「不倫略奪愛」と批判されたことも。

 そんな2人も交際から3年以上が経った。お互いのSNSで順調な交際ぶりを度々明かし、揃って奇抜なコスプレやファッションを着こなすこともあった2人には「お似合い」「リアル“キングとジェシー”」(“キング”は2000年のドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)で窪塚が演じた役柄、“ジェシー”は“キング”の彼女)という好意的な反応が増えつつあった。

 また、2人は今年7月、窪塚の前妻であるのんちゃん、そして12歳の息子とともに宮古島へ家族(?)旅行に行っていた。この時のことを窪塚は「時代は、PINKY and NON フォーメーション」と表現。元夫婦とその息子、加えて元夫側の彼女が一堂に会し、旅行を楽しむという話はあまり聞いたことがないが、当人同士としてはそんな“フォーメーション”もアリなのだろう。

 今年は「Clash of Kings」で11年ぶりのテレビCM出演を果たし、来年にはハリウッドデビュー作となるマーティン・スコセッシ監督の映画『Silence』の公開を控えている窪塚。あの大事故以降、活動が限定的になっていたが、徐々に活躍の場を広げている。その隣にはいつもPINKYがいたわけで、ひょっとしたら彼女はあげまんなのかもしれない。
(ルイコスタ松岡)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

RECKLESS(レックレス) Issue 01