ゴシップ

大沢ケイミにGENKING、和田アキ子も…2016年に消えそうなテレビタレント

【この記事のキーワード】
左上:大沢ケイミInstagramより/右上:優木まおみInstagramより/右下:GENKING Instagramより/左下:『WADASOUL』ユニバーサル ミュージック

左上:大沢ケイミInstagramより/右上:優木まおみInstagramより/右下:GENKING Instagramより/左下:『WADASOUL』ユニバーサル ミュージック

 2015年も残すところあとわずか。今年も様々な芸能人が多くの話題を振りまいてくれた。その中で、大きく好感度を上げた者もいれば、逆にアンチを増やした者もいる。今回は、2015年に度々バッシングを受け、来年の活動を危ぶまれる可能性のある芸能人、また世間にそう願われているであろう芸能人を何人か挙げていきたい。

 まずは、“新セレブ妻タレント”として今年のバラエティー番組出演数を大きく増やしていた大沢ケイミ(22)。社長と結婚してセレブ妻となった実体験を元に「結婚に大切なのは経済力と権力」「スポーツ選手は頭が悪い」「主婦に高学歴はいらない」とやや偏った持論を展開し、瞬く間に炎上キャラになったが、最近では自身のネタがなくなったのか、共演者に噛みつくことも増えている。12月13日に放送された『芸能人つまずきビッグデータ ~世間のギモン 本人にぶつけよう! 私の告白カテにしてねSP~』(フジテレビ系)では、元ベビーシッターによるブランド品窃盗事件について明かした神田うの(40)に対して、「元シッターを不審に思わなかったのか」「シッターを4人も雇って、子供に対して何もしてない」と指摘。これにはネットから「的外れ」「ただの言いがかり」との声が出るなど、炎上キャラとしての勢いが失速し始めている。ちなみに彼女は「石で作られた家に住んでいた」「ガラスの代わりに窓に新聞紙を張っていた」と、幼少期の中国での貧乏生活についても明かしているが、それについて同情の声が聞かれているワケでもない。最大のウリであった炎上キャラが弱まり、貧乏キャラも響かない現状で、来年はどう動くのか。

 大沢と同じく、今年大幅にメディア露出を増やしたのがGENKING(年齢非公開)。元々、Instagramで“謎の美男子”として注目を集め、テレビ出演時には「性別を超越した存在になりたい」と語り、“ニューカマー”と“おキャマ(おかま)”をかけた造語・“ニューキャマたん”との肩書きを名乗っている。昨今増えている“おネエタレント”との差別化を図っているようだが、テレビ出演時やインタビューで自身の過去について語った際には「専業主婦を8年間やっていた」「美容クリニックでOLをしていた」「絶対に芸能界行くって思ってた」「芸能事務所からのオファーはあったが、自分の店をやる夢があったので断っていた」と、どうも辻褄が合わない発言が多く、ネットでは「何がしたいのかわからない」と嫌悪感を示す声が続出。また、7月に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)では、かつてヘアメイクアーティストのおぐねー(47)と交際・同棲していたことを明かし、おぐねーとの再会を果たしたが、12月28日の『好きになった人13』(前同)では元彼女と再会している。ただでさえブレブレの過去をまた掘り下げるとは、ネタ切れ寸前の空気が感じられる。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

伸びる女優、消える女優 本音を申せば7 (文春文庫)