ゴシップ

中山美穂、KAT-TUN田口の今後は? 2016年真価を問われるタレント

【この記事のキーワード】
左:熊切あさ美オフィシャルブログより/右:『美ST 2015年 01月号』光文社

左:熊切あさ美オフィシャルブログより/右:『美ST 2015年 01月号』光文社

 2016年が幕を開けた。年が明けたことで心機一転、新たな事柄に取り組もうと奮起する人も多いだろう。芸能界でも、昨年ネガティブなニュースに襲われたが、今年逆転を図ろうとする人がいるかもしれない。そんな芸能人をここに選出し、勝手に応援したい。

 まずは昨年、片岡愛之助(43)と泥沼破局、そしてそこに片岡の新恋人・藤原紀香(44)も加わり、略奪愛の被害者となった熊切あさ美(35)。破局報道時、カメラの前で涙ながらに片岡への想いを語り、不憫ではあったが、まさに彼女の肩書きである“崖っぷちアイドル”を体現しているようであった。ただ、破局を機にメディア露出も増え、今月には濡れ場に挑んだ主演映画『再会 禁じられた大人の恋』が公開される。ブレイクとはいかないかもしれないが、98年に結成されたアイドルユニット・チェキッ娘の元メンバーの中、唯一芸能界で生き残っている彼女なら、消えそうで消えない立ち位置を継続できるのではないだろうか。

 そして2014年に辻仁成(56)と離婚前に音楽家の渋谷慶一郎(42)との不倫が発覚し、イメージダウンが進んでいた中山美穂(45)。しかし、昨年12月に『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)に19年ぶりに出演した際、彼女の歌唱シーンが同番組の瞬間最高視聴率を記録し、かつての人気アイドルとしての注目度の高さを示した。さらに昨年末、渋谷と破局していたことが判明。今年3月には舞台『魔術』に出演予定で、4月には歌手としてツアーも予定されているとのことで、芸能活動を本格化する様子である。相変わらず「歌唱力がない」「子供を捨てて不倫したくせに」とのバッシングは絶えないが、まだ40代、人生の折り返し地点である。たくましく生きてもらいたい。

 2015年、とにかく暗いニュースがつきまとったのが元モーニング娘。の加護亜依(27)だ。2014年に元夫が出資法違反の疑いで逮捕され、離婚がささやかれたが、年が明けても離婚は成立せず、昨年5月には元夫が今度が加護への傷害容疑で逮捕。6月に離婚が成立したが、それまで加護の芸能活動は当然ストップし、2014年に発足したアイドルユニット「Girls Beat!!」も活動停止状態に。2歳の長女を抱えながら、ここまで頻繁に深刻なトラブルが発生するとは気の毒である。さらに昨年11月には、コカイン所持で逮捕された高部あい(27)との交友関係を週刊誌に報じられた。そうした不遇の時を経て、「Girls Beat!!」は昨年12月に新メンバーが加入したことを発表し、今後は精力的に活動していく様子。モー娘。時代のように地上波テレビで活躍することは難しいだろうが、彼女なりの幸せを築いてほしい。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

アイドル帝国ジャニーズ 50年の光芒 (宝島社新書)