連載

男友達が「あいつはセックス上手い」と豪語する人とヤッてみた

【この記事のキーワード】

rumikotitle

 セックスで感じるポイントが千差万別であることは周知の事実(であってほしい)。従って、第三者の「あいつはセックスがうまい」という評価、または「自称セックスうまい人間の言葉」なんて信じられたものではなく、実際ヤッてみなければその判断はできません。そんなことはわかりきっているはずだったのに……。

 ある日の合コンでのことです。その日は私と私の男友達が幹事となり、4対4の宴が始まりました。宴はわりと盛り上がって、終電を逃してみんなでカラオケに行き、その後もう一度居酒屋に入りダラダラと実りのない話が続きました。この日の合コンでは、ワンナイトラブ寸前ないい雰囲気というより、全員友達として仲よくなれたという感じ。私も性的な魅力を感じる男性とは巡り合えなかったものの、カラオケで一緒にラップバトルをしてくれた方がいたので、「いいラップ友達ができたなあ」と感じていました。

 そうして居酒屋で時間をつぶし、一人帰り、二人帰り、気付けば時間は深夜3時……最終的に私と幹事を務めた男友達の2人きりになっていました。

 いつもの私であれば、深夜に男性と2人きりになった場合はなんとなくラブホに行く流れに仕向けます。しかし、この男友達とは過去に2~3回ヤッていて、その結果お互いリピートしたいと思わなかった関係なので、ラブホに行く雰囲気にはならず。ただ裸の付き合いをしたせいか、私たちの友情はやけに深まり、いまではなんでも話せる間柄になりました。なので、この男友達は私が性欲の権化であることを知っています。

男性から見た“上手そうなセックス”

 そして今日の合コンについて反省点などを述べ合っていると、彼は「お前、あいつのことどう思った?」と合コンに参加していたある男性メンバーについて聞いてきました。

 男友達の地元仲間・よっくん(29)のことです。よっくんとは、合コン中の席が遠かったためにあまり絡めず、「ジムとかランニングに行く時は、絶対財布持ってっちゃダメだよね! 財布があると帰り道に飲みに行ったり、最悪の場合タクシー乗っちゃって運動した意味なくなるから!」「わかるわかる!」という会話しかしていませんが、カラオケでは一緒にラップを歌いまくった仲です。前述の「いいラップ友達ができた」と思っていたよっくん。

 なので、そのままの印象を男友達に伝えたところ「あいつセックス上手いから一回ヤッてみたらいいかもよ」と言うのです! また、別の合コン参加メンバーだった男性について「あいつは本当雑なセックスするからしないほうがいい」とも……。

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

スペアリブソース 110g×10個