連載

おっぱいは誰のもの? セックスワーカーを差別する「おっぱい募金反対署名」は善なのか

【この記事のキーワード】
(C)柴田英里

(C)柴田英里

 今から約1週間前にchange.orgで立ち上がった『「募金」「社会貢献」にかこつけて女性の体で人とお金を集める「おっぱい募金」は2015年で終わりにしてください!』という署名活動が話題になりました。

 この署名活動は、「STOP!AIDS」の啓蒙と、ストップエイズ啓蒙活動団体を助成している「一般社団法人 未来支援委員会」への募金を目的とし、BSスカパー!の番組企画で毎年行われている、「募金(1000円以上)をするとAV女優のおっぱいが生で揉める」ことがウリの『おっぱい募金』というイベントの中止を訴えています。署名活動のステイトメントやコメントを読む限りでは、「おっぱいは誰のもの?」と憤りを覚えました。

 署名活動のステイトメントには、

“エロコンテンツ産業自体をなくしたり、人々が性的なことに興味を持つこと、性を商売道具にすること自体を否定はしません。”

 とありましたが、その後には、

“「募金」とは名ばかりで、寄付する人はおっぱいを触るための対価としてのお金を払っているだけだからです。実際には、おっぱいを触らせている女性たちがその対価として受け取るはずの「報酬」を(全部か一部かはわかりませんが)放棄することで、お金が集まっているだけではないでしょうか?”

“募金は本来、支援先に共感してお金を出してもらうものです。しかし来場者はおっぱいが揉みたくてお金を出しただけです。このような、偽善的で、性差別的なイベントを公に行う理由づけとしてエイズ撲滅を謳われては、エイズ対策のために真剣に戦っている世界中の人たちに対しても失礼ではないでしょうか?”

 というような言葉が並んでいるのですから、性嫌悪や職業差別と言われても仕方が無いように思いますし、コメント欄には、「もし自分がエイズ患者だったら、こんなイベントで得たお金で助けて欲しくない」「醜悪」という、あからさまに職業差別である言葉もありました。そのほかにも、「女性の身体で人を集めて募金と言う名の女性搾取金儲けをするのは許せない」というような意見が目立ちます。でも、その「女性の身体」は誰のものでしょうか。架空の誰かのものではなく、おっぱい募金に参加したAV女優その人のものであるはずです。

1 2 3

柴田英里

現代美術作家、文筆家。彫刻史において蔑ろにされてきた装飾性と、彫刻身体の攪乱と拡張をメインテーマに活動しています。Book Newsサイトにて『ケンタッキー・フランケンシュタイン博士の戦闘美少女研究室』を不定期で連載中。好きな肉は牛と馬、好きなエナジードリンクはオロナミンCとレッドブルです。現在、様々なマイノリティーの為のアートイベント「マイノリティー・アートポリティクス・アカデミー(MAPA)」の映像・記録誌をつくるためにCAMPFIREにてクラウドファンディングを実施中。

@erishibata

「マイノリティー・アートポリティクス・アカデミー(MAPA)」

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

職業としてのAV女優 (幻冬舎新書)