連載

日本人は昔からアダルトグッズ好き! 江戸女性のオモチャ好きに親近感

【この記事のキーワード】
momoco125

江戸の性と最新ラブグッズの、すてきなコラボ

「これを最初に食べようと思った人、勇気あるなぁ」ってもの、ありませんか? 私にとって、それはウニです。いまはウニ=おいしいが常識ですが、それを知らなければあのトゲトゲした物体を割って食べようとは思わないですよね。よほどの飢えがあったのか、強い好奇心があったのか、はたまた偶然だったのか……。

 同じように、初めて「アソコに何かを挿れよう」と思った人って、何を考えていたんですかね。何かというのはペニスや指ではなく、〈異物〉です。かつて、当連載で「ゴーヤに電球にペットのインコまで…バイブOLも驚愕の『異物挿入』列伝!」を紹介しましたが、ま~みなさんありとあらゆるものを挿れていらっしゃいます。「これを挿れたら気持ちいいんじゃ……」という好奇心を止められないのでしょう。男性から勝手なファンタジーを押し付けられるのは御免ですが、女性が自身の肉体と快感への挑戦として、異物を手に取ることもあるでしょう。

 そうやってたくさんの人がいろんなものを挿れてきた結果、なんだかんだいってペニスに近い形がいちばん挿れやすいし、気持ちいいというところに落ち着いた……というのはあくまで私の想像です。男性の「異物を挿れている女性を見て興奮するには、突拍子もない形状ではなく、擬似ペニスがベスト」という思惑も、当然あったでしょう。洋の東西を問わず、古くからペニス型のディルド(張型)があるのは、みんな結局、考えることは同じってことですね。

 中国でも唐の時代、宦官(かんがん)が後宮の女性たちに張型でご奉仕していた、というのを読んだことがあります。宦官とは、後宮に仕える男性の役職ですが、もれなく去勢されています。自分たちでは秘密の悦びを与えられないので、代替品に頼ったというわけですね。『ヴァイブレーターの文化史』は読んだことがありますが、ディルドまで含むとアダルトグッズの歴史はどこまで遡るのでしょう。まとまった資料があったら是が非でも読みたいのですが。

春画にもグッズがごろごろと登場

 そこまで古くはたどれませんが、江戸時代の玩具について知るいい機会をいただきました。去る12月18日、「春画のいろは~一夜限りの春画Bar~」というトークイベントを拝聴しに行ったのです。いろは、というのはあのiroha。女性向けセルフプレジャーグッズブランドが提供する春画とのコラボイベントで、永青文庫「春画展」の日本開催実行委員である浦上満さんをはじめとする文化人が、春画の基本から、そこに描かれた性具について語り明かすというから、聞き逃すわけにはいきません。しかも、「春画展」にも展示されていないレアな作品をナマで鑑賞できるっていうし!

 春画に見る江戸の性は、「おおらか」と表現されることが多いですが、性具についても同様です。当時は、〈四ツ目屋〉という現代でいうところのアダルトグッズショップが、訪問販売を行っていました。春画も、貸本屋が顧客の家庭を回ってレンタルしていたといいます。いま現在、アダルトグッズの購入先は、ネットショップがほとんどです(もっといってしまうとAmazonでいちばん売れています)。私のような者は別として、だいたいの女性にとって、アダルトグッズショップに行くのはためらわれること。それはいまも昔も変わらず、ゆえに訪問販売というスタイルが生まれたのでしょう。

1 2

桃子

オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

@_momoco_

Facebook

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ユリイカ 2016年1月臨時増刊号 総特集◎春画 SHUNGA (青土社)