恋愛・セックス

出会い系クソ野郎!「2016年に持ち越したくない恋愛・セックス事情」

【この記事のキーワード】
Photo by ♥Swedish fashionista♥ from Flickr

Photo by ♥Swedish fashionista♥ from Flickr

 今年もあっという間に年末です。365日もあれば楽しいことばかりではなく、失敗や後悔していることもありますよね。今年のよごれ、今年のうちに! ということで、「2016年に持ち越したくない恋愛・セックス事情」を女性たちに聞いてみました。

■一途に片思いしていたら…(Aさん/28歳/メーカー勤務)

「2014年3月に知り合った音楽関係会社勤務の男性(31)のことが好きになり、2015年はほぼ毎日LINEのやりとり+電話をし続けました。多い時で週2回、少なくても1カ月に1回のペースで会い、彼のお母さんにご挨拶もしました。常に『Aのことが1番好きだよ』『可愛いね』なんて言ってくれるのですが、一向に『付き合おう』という告白はされなかったんです。共通の友人いわく、彼はモテるし、元カノたちはかなり可愛いとのこと。その話を聞いて『“1番好き”って何?』『何番目の女までいるの?』と不安になり、『彼女は作らないの?』と聞いてみると、『今は誰とも付き合いたくはない』『でも今はAといるのが楽しいんだ』とのこと。

友達には『次行こ、次!』『ひとりに絞らないで同時進行しなよ!』と言われるのですが、ハマってしまうとなかなか抜けられず、他の男性と遊ぶ気が起きません。その結果、気付けば今年のセックスはその彼との1回だけ、他の男性と2人で食事にすら行ってませんでした……。一途すぎて遊ぶこともできなかったこの1年、28歳を棒に振ってしまった感でいっぱいです。私の不安な気持ちを理解していない彼は、今も連絡をくれます。でも、もう心を乱されたくないので返していません……。来年こそは幸せになりたい!」

 「傷心の経験はいつか糧になる」とは良く言いますが、実際「失恋の経験が糧になった!」と実感できる人は少ないのではないでしょうか。とはいえ、「一途に思いすぎてバカを見た」なんて悲しい……。来年こそ別の男性に目を向けられるよう、傷の回復を祈ります。

■好きでもないセフレに…(Bさん/29歳/広告代理店勤務)

「今年出会った弁護士の男性(38)と半年間前からセフレ関係になりました。私自身、高校生の頃から性欲が強かったのですが、ここ2年くらいはかなり落ち着き、ほとんどセックスしていませんでした。しかし、彼と出会ったその日に一晩で8回したことで性欲が復活。その後、12月上旬まではお互いに恋愛感情はないけど、楽しいセックスライフを送っていました。

ところが突然、彼に『Bちゃんって経験人数って何人?』『今、俺の他に男何人いるの?』と聞かれ、『経験人数は年よりは多い』『今は他に3人』と正直に答えました。すると、その日のセックスでは、今まで生で挿入していた彼が無言でコンドームを装着したんです。他の3人の男性とはまだセックスしていないのに、『性病持ち』と判断されたような気がしてあまりにもイラっとしたので、セックスを中断して帰宅。冷静に考えれば、ゴムを付けるべきなことはわかります。でも、急変したセフレの態度がムカつきました。その日から一切連絡を返していません」

 来年はもっと良いセックスパートナーが見つかりますように。あと、ゴムは興奮していても付けましょう。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

婚渇女子 1巻 (コミック(YKコミックス))