連載

彼の母にバツ1だと伝えたら、結婚を反対されました

【この記事のキーワード】

kenji-top0428

●みきゃこ(29)
KENJIさん初めまして。私は2年前に離婚したバツ1子なしのOLです。理由はさまざまでしたが円満に離婚できました。そして、離婚して5カ月後から同い年の新しい彼氏と付き合っています。

そんな彼氏のお母さんに先日お会いした時に、突然彼氏が「彼女はバツ1なんだよ」とお母さんに伝えたんです。すると、お母さんはびっくりしてしまい、その後は何となくギクシャクしてしまいました。数日後、「俺はみきゃこと結婚したいけど、バツ1の件でお母さんが反対してる」「でもどうにか説得したい」と話されました。私も彼と結婚したいのですが、どう説得するか悩んでいます。お知恵をお貸しいただけないでしょうか?

―――

みきゃこさん
ごきげんよう。アタシがKENJIよ。

まず、円満に離婚が成立してよかったわね。
でも一難去ってまた一難ってところかしら。
今回のご相談は、義母の考え方がちょっとくせ者。
突然言っちゃう殿方も殿方ね……。
とはいえ、タイミングを考えて発言しているのかわからないけど、先延ばしにするよりも最初に伝えて良かった思うわ。

義母からしたら、息子に「今だったらまだ引き返すことができるわよ!」って感じかしらね。
どんな親でも自分の子供が可愛いのよ。
だから、「相手に離婚歴がある」とだけ聞けば、ネガティブな印象を持ってしまう方もいるわ。
例えば……
「性格的に難ありでは?」
「家を守れなかったってこと?」
「親戚に示しがつかない!」
なんてね。

でも、ちょっと言わせて頂戴。
いちいちうるさいのよね!
離婚の何がいけないのよ!
器が小さいわね。
そんなネガティブなことばかり考えていたら何も生まれないわ。
いつまで息子の嫁候補に心の鎖国を続けるつもりかしら?
逆にどんな黒船だったら納得するわけよ。

義母へKENJI美ンタ!! ビターーーーーーーーーーーーーン!!!!!!

1 2

KENJI

年間400回以上の女子会をプロデュースし、内面汚(お)ブスの本音を炙り出す。おネエキャラでテレビ、雑誌、イベントMCなど多数活躍!高校、大学ではマナー講師も。FBS『クロ女子白書』(深夜0:54)レギュラー出演中/著書『女子会のお作法』(産学社)

@obusukenji

株式会社スリースマイル

KENJIオフィシャルBLOG

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

心が折れそうな嫁が読む本―姑と暮らすシンプルな習慣