連載

巨乳でセクシーな女性ほど、ハゲマッチョな男性に魅かれる法則

【この記事のキーワード】
hormone10

Photo by i_ian68 from Flickr

 

 あなたの周りにもいませんか? すごく女らしくて巨乳でモテるのに、よりによって「ハゲ」ばかりを選んで付き合う女性って。もしくはマッチョばかりを選ぶ女性とか。これって、実は、女性ホルモンが多すぎるせいかもしれないんです。

 生理周期によって、女性の男性に対する好みが変わるのは、よく知られている話です。いつもはジャニーズのようなツルッとした草食系男子が好きな女性も、排卵日の直前だけは、比較的ワイルドな男性を好むようになると言われています。この時期は、女性ホルモン・エストロゲンの分泌量が多くなるのですが、どうやらこのエストロゲン、たっぷりとした男性ホルモンに魅かれるようなのです。

 通常、男性ホルモンと呼ばれているのは、アンドロゲンのこと。このアンドロゲンには、デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)テストステロンジヒドロテストステロンの3種類があります。

 妊娠しやすい排卵日の直前に、女性がたっぷりとした男性ホルモンに魅かれるのは、「デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)」が“免疫力を高める”ホルモンだからと考えられます。つまり、より健康な男性の遺伝子を取り込むことで、女性は免疫力の高い丈夫な子どもを残そうとしているわけですね。

 ただ、「テストステロン」はマッチョな筋肉を作るホルモンで、「ジヒドロテストステロン」は脱毛ホルモン。つまり、免疫力が高い健康な男性は、マッチョかハゲ、あるいは両方の可能性も高い、というわけです。

 で、冒頭でとりあげた「女らしくて巨乳でモテる女性」について。

 女らしくて巨乳というのは、女性ホルモン・エストロゲンの影響です。彼女たちは、普段からエストロゲンがたっぷり分泌されているため、日常的に男性ホルモンの多い男性――つまり、ハゲやマッチョに魅かれやすいようなのです。たとえば、巨乳の小池栄子と、マッチョなプロレスラーの坂田亘のカップルとか。坂田氏はハゲていないし、例えが一例しか思い浮かばないのがちょっとアレですが、ホルモン的に見ると、そういうことらしいのです。

「女性ホルモンを増やして、女らしく、キレイになろう」という風潮の強い昨今ですが、そうやって女性ホルモンを増やした結果、マッチョはともかく、ハゲに行きつくって……ちょっと考えちゃいますよね。

(文=きづき桃)

【女子ホルモン部バックナンバー】
第1回/峰不二子になりたくば「肌を出せ」! 浮気な女はホルモンが作る
第2回/乳首を吸われれば吸われるほど、男に尽くしたくなってしまう!? 嗚呼女性ホルモンの意地悪!
第3回/浮気な彼はこうしてやる! ○○○攻めで彼のソワソワ心を封じ込め
第4回/シャワーを浴びても落ちない…女だけが嗅ぎ分けられる「浮気の証拠」
第5回/パイパン・ブームに物申す! 陰部剛毛女子は敏感ボディ
第6回/淋しくなると、彼のココやアソコに顔を埋めてクンクンする女たち
第7回/Tシャツに染み付いた男の体臭が教えてくれる、ふたりの相性
第8回/いつまでも若くてステキでいるために! キスの絶大なる効果を再確認
第9回/意外とかわいい柄、そろってます。女子用ふんどしがセクシー美人を作る!

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ダイ・ハード/ラスト・デイ<最強無敵ロング・バージョン> 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) Blu-ray