連載

2016年ラブグッズ界の最注目株! irohaシリーズ新作をリアルにレビュー

【この記事のキーワード】
momoco126a

どれにしようかな〜。iroha+公式HPより

 みなさ~ん、秘めはじめはもうお済みですか? パートナーの有無は、ここでは関係ありません。今年はじめての快感と出会えば、ひとりであってもふたりであっても立派な秘め事。今年のセックスライフ(これもパートナーの有無関係ナシ!)を充実させるためにも、ぜひ早めに、なんなら今夜にでも秘めはじめしちゃってください。

 ちょうど2016年の秘め事をすてきにランクアップしてくれるアイテムが発売されたばかり。当連載「日本人は昔からアダルトグッズ好き! 江戸女性のオモチャ好きに親近感」でも紹介した「iroha+(イロハプラス)」です。冒頭の画像を見てください。

 赤=小鳥モチーフの「RINGOTORI」
 白=ハリネズミモチーフの「KUSHINEZUMI」
 黒=クジラモチーフの「YORUKUJIRA」

 動物モチーフながら、irohaの持ち味「和菓子のようなたたずまい」をしっかり踏襲した3アイテム。パッと見でどれに惹かれましたか? 私は断然、「KUSHINEZUMI」です! こんなに繊細な凹凸が施されたローターって、見たことがありません。振動させるとどうなるの? ぞわぞわしないかな? 好奇心が止まりません。

 momoco126b

 でも欲張りな私は当然、全部試したい。早く肌になじませて、2016年のセックスライフにおけるパートナーとして親しみたい。そんな意気込みをもって、3つとも試しました! 見るからにかわいい子たちだからルックスで選んでもいいのですが、三者三様に個性的な機能を託されたローターなので、〈自分が求める快感〉に添ったものを選ぶほうがベター。そのためのヒントにしてください。

KUSHINEZUMI

 パソコンのマウスのように手にすっぽり収まる形状ですが、特徴は見てのとおり、全体に施された凹凸です。遠くから見ると、ぎゅっと絞られた生クリームのようにも見えますね。指で触れると、とてもソフト。irohaシリーズ特有のもっちりとした素材に、安心感を覚えます。一見とがって見える凹凸も、これなら痛くないってわかるから。

 スイッチを入れると、ハリネズミが生命を持ったかのように動きだします……というと大げさに聞こえるかもしれませんが、この愛らしい生き物が「出番だ!」と張り切っているように見えて愛おしくなります。その全身を肌にそっと押し当ててみると、振動がなんとも複雑でやわらかい! 凹凸が施されたことにより表面積が増えたせいでしょうか、むずかしいことは私にはわからないのですが、KUSHINEZUMI全体が振動という膜に包まれて、それによって当たりがマイルドになっている感じがするのです。

 雑で粗い振動が好き、という女性はほとんどいませんよね。安っぽいローターだとモーターが粗雑で素材も硬いため、振動がビリッとした痛みとして感じられます。クリトリスのような敏感な器官にそんな刺激を与えられても、苦痛でしかない……。そんな経験を何度もしていると、このやわらかな凹凸が生み出すやさしい振動には感謝しかないのです。

1 2 3

桃子

オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

@_momoco_

Facebook

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

秘密のセックス