ライフ

「きみのエキスをチュウシュツして飲み干したい」駿台セクハラ参考書の例文は“生きている言葉”なのか

【この記事のキーワード】
[PR]
[PR]
『生きるセンター漢字・小説語句』(駿台文庫)

『生きるセンター漢字・小説語句』(駿台文庫)

 「彼女のなだらかなキュウリョウをうっとりと眺めた」
 「きみのエキスをチュウシュツして飲み干したい」

 駿台予備学校の著者・霜栄氏による、『生きるセンター漢字・小説語句』(駿台文庫)で使われている例文に多数の性的な表現が使われており、ネット上で、「セクハラ」ではないかと話題になっています。

・駿台文庫のセンター試験用漢字問題集 「胸のデカさに俺はキョソを失った」など例題の文章が下品すぎると話題に

 Togetterにもまとめられているように、こうした例文が多数収録されています。

「教授と私のミッセツな関係を誰にも気づかれてはいけない」
「一定スイジュン以上の女の子しかここには入れないんだよ」
「夫婦間の家事ブンタンなんて幻想だ」
「私の人生に男性はフカケツなの」
「葬式にて坊主がコジンを『いい人』に仕立て上げる」
「ああ、あの、生え際がだいぶスイタイしてる人?」

 ウェブで複数の媒体が記事にしたことで現在プチ炎上中となっていますが、本件について出版社の駿台文庫に問い合わせしました。

自主回収へと対応を変更

―― 本書出版の意図は。

「本参考書は、『生きるセンター漢字・小説語句』ということで、変化の激しい現代において、生きている言葉を使うことで、生徒に役立ててもらうことを意図している」

―― 参考書の性質上、誤字脱字など含めて厳しいチェックがあるかと思うが、差別的な表現などの規定や検討は無かったのか。また報道では検証の際に女性スタッフも参加していたとあるが、問題視する声はあがらなかったのか。

「企画の段階で精査している。女性スタッフの参加もあった」

―― チェック体制は性差別的な表現のチェックが甘かったという見解でよいのか。

「行き過ぎた表現がありご不快な思いをさせてしまったことについてはお詫び申し上げる」

―― チェック体制の見直しを検討する予定は。

「規定の変更や表現について精査することを検討している」

―― 過去に本書籍について同種の指摘はなかったのか。またどの程度の問い合わせがあるのか。

「なかった。主にネット上で議論されているもので、今もマスコミ関係者からの連絡はあるが、一般の方からの問い合わせは無い」

―― 著者である霜栄氏の授業についてクレームなどはあったか。

「広報では特に聞いていない」

―― 自主回収という報道があるが、今後の対応に変更はないか。

「書店への新規出荷停止をした上で、既に書店に並んでいるものについては自主回収を行うことにした」

―― 既に出版されている他の書籍についても確認する予定は。

「刊行されているものも含めて、チェック体制を見直して精査する」

1 2

コメントを残す

関連記事
最新記事

messy新着記事一覧へ

センター試験実戦パッケージ問題 2016―青パック (大学入試完全対策シリーズ)