連載

泥臭いフェミニズム・メンズスタディーズとしての東村アキコ漫画 前編 ~誰が殺したヒモザイル~

【この記事のキーワード】
(C)柴田英里

(C)柴田英里

 昨年10月、漫画誌『月刊モーニング・ツー』で連載していた東村アキコ氏の漫画、『ヒモザイル』は、第2回をもって休載となりました。

 『ヒモザイル』とは、作者東村アキコの元で働く「金なし仕事なしモテないダサい、けど夢はある」というアシスタント男性たちを、少女漫画家でもある作者の指導のもとファッションや家事能力を磨かせ、高給取りだけど結婚できない女性たちにとってイケてる感じに変身させマッチングする。という、実録婚活漫画でした。

 こうした内容は男女逆転版マイ・フェア・レディ、ピグマリオン(マイ・フェア・レディの元となったバーナード・ショーの戯曲)的とも言えますが、

・作者に雇用される(作者より必然的に弱い立場にある)立場のアシスタントを漫画のネタにし、彼らの私生活に強制的に介入する(ように見える)ことはパワハラなのではないか?

・アシスタントを侮蔑したセレブママの価値観に同意し、独身女子会やアシスタント男性を非難する作者の姿勢は差別的ではないのか?

・「専業主夫」を「ヒモ」と呼んで良いのか、専業主夫を「ヒモ」と呼ぶことは、作者が専業主婦のことも「ヒモ」と考えているからではないか?

・語感の良さがあるとはいえ、「エグザイル」と「ヒモ」が関係あるかのようなタイトルはいかがなものか?

 など、パワハラやジェンダー問題とポリティカル・コレクトネスの観点から批判が起こるのは仕方がないことです。が、『ヒモザイル』が、第1話が雑誌に掲載された時点ではなく、WEB上で第1話が無料公開された折に大炎上し、結果作者が休載を発表したということは、現在のポリティカル・コレクトネスの変容問題を象徴しているように思いました。

1 2 3

柴田英里

現代美術作家、文筆家。彫刻史において蔑ろにされてきた装飾性と、彫刻身体の攪乱と拡張をメインテーマに活動しています。Book Newsサイトにて『ケンタッキー・フランケンシュタイン博士の戦闘美少女研究室』を不定期で連載中。好きな肉は牛と馬、好きなエナジードリンクはオロナミンCとレッドブルです。現在、様々なマイノリティーの為のアートイベント「マイノリティー・アートポリティクス・アカデミー(MAPA)」の映像・記録誌をつくるためにCAMPFIREにてクラウドファンディングを実施中。

@erishibata

「マイノリティー・アートポリティクス・アカデミー(MAPA)」

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

まとめ買い 東京タラレバ娘