連載

新鮮さと懐かしさが味わえる“昔のセフレとの久々セックス”のススメ

【この記事のキーワード】

ルミコタイトル

 先日ふと、「セフレとのセックスに不満があるワケではないけど、なんとなく新鮮なセックスがしたい」と思い立ちました。こんな時は、新しい出会いを求めて他の男性とセックスする方向に仕向ければいいのですが、合コンの予定はいまのところないし、いまから合コンするにしても人数を集めたり日程を調節したりと手間がかかるし、逆ナンしにいく気力もない……。要するに、「できるだけ時間や手間をかけずに新鮮なセックスにありつきたい」とわがままが炸裂した私が思いついたのは、「昔のセフレと久々にセックスすれば新鮮な気分になるのでは?」ということでした。

 昔のセフレなら、現在親交がなくとも過去には私を性的対象として受け入れてくれたワケです。もちろん以前セックスしたからと言ってまた絶対にできるとは言い切れませんが、初対面に比べると手間が省ける可能性は十分にあるのではないかなと。さらに体の相性も保証されています。なおかつ数年前にセックスしたっきりなら、相手とのセックスの記憶は薄れているし、このところ頻繁にセックスしている相手よりは新鮮な気分になること間違いなし!

 ただ、問題なのは相手選びです。昔のセフレといえども、1年前のセフレなんかはまだ記憶も新しく、そんなに新鮮ではないかもしれません。そこで、3年以上前に関係があったセフレたちをターゲットに絞り、電話帳やLINEの友達欄をこれでもかと見返していたのですが、相手と接触がない期間が長ければ長いほど、「もしかしてもう結婚してるかも?」「ものすごいおっさん化してたらどうしよう」「もし会えたとしても『ロリルミ、すげーおばさんになってんじゃん』って思われたらどうしよう」など、年月によるお互いの変化について不安がよぎりました。

 当たり前のことですが、例えば私が20歳の時にセフレ関係だった24歳男性は、いま32歳になっていて、そして私も28歳になっています。8年という月日は、人を大きく変えますよね。20歳の頃の私しか知らない男性と会うのって、なんだか怖い。別に20歳の頃の自分に超絶自信があったとかではなく、やっぱり8年も経てば加齢によって肌のハリが失われたなど、昔との違いがあるワケで「老けた」とか思われたら悲しいです。仕方ないんですけどね……。そして私も相手に対して「ただのおっさんになってんじゃん」と感じ、セックスする気が失せるという事態は避けたい。

 また外見だけでなく内面も年月によって変化します。昔は私のセックスを受け入れてくれた男性でも、年を重ねて考え方が変わり、「セフレとかあり得ない! もっと自分を大事にしなよ!」的思考になっていることもなきにしもあらずです。

いろんな不安はあったものの、私はいまから5年前、23歳の頃にセフレだったケイタくんに連絡してみました。別にケイタくんのセックスがすごくよかったとか、何か理由があるワケではないんですが、直感で決めました。

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ステイ・フレンズ DVD