ゴシップ

ブラック企業ジャニーズ。SMAP独立を阻止しマネージャーを退職させたメリー喜多川のパワーハラスメント

【この記事のキーワード】

smap0121

 1月13日から連日のようにスポーツ紙やワイドショーが取り上げ、18日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)をもって“収束”となった、SMAP解散騒動。25年間世話になってきた飯島マネージャーの退社を受け、ジャニーズ事務所を離れようとした中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)の4人が、結局ジャニーズ残留を表明することになり、もうこの騒ぎはこれでおしまい。事務所の大恩を理解せず“裏切り者”になりかけた4人を引き止め、激怒する事務所幹部との仲介役に徹した木村拓哉(43)は英雄で、株を上げたことになっている。

 だが最高瞬間視聴率37.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と非常に多くの注目を集めた『SMAP×SMAP』での4メンバーによる謝罪は、視聴者に強いショックを与えている。事態の説明は省かれ、生気を失った表情でただただ「申し訳なかった」と繰り返すメンバーたちの様子に、「事務所の内紛が原因なのにタレントが謝ることはない」「独立させてあげてほしい」等々、ファン以外からも大きな声が上がった。ここまで大騒動となり話題を独占するのは、彼らの姿が“別世界のタレント”ではなく、身近なイチ労働者として視聴者の目にうつり動揺させたからに他ならない。何よりおかしいのは、彼らの「謝罪」は、ファンに対してでもスポンサーに対してでもなく、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長(89)に向けた屈辱的なものだったということだ。まさにテレビの私物化である。

 「週刊新潮」(新潮社)ではメリー喜多川副社長が、「週刊文春」(文藝春秋)では同事務所顧問でジャニーズ・エンタテインメント代表取締役の小杉理宇造氏(68)がそれぞれ取材に回答。両誌すらもジャニーズ側のシナリオに沿っている。いずれも、『独立を表明したにもかかわらず事務所に戻るには謝罪が必要だった』との見解を示しており、やはりあくまでも4人が軽率だったせいで騒動が巻き起こったと言わんばかりだ。

 だが当サイトでもたびたびお伝えしているように、SMAP独立の火種をまいたのは他でもないメリー喜多川副社長である。昨年1月に行われた「週刊文春」のインタビューで、メリー氏は飯島氏に対して次のように言及した。

「事務所内で派閥を作っているという噂が事実なら許せないこと」
「(文春記者に)そう思わせたとしたら、飯島を注意します。今日、辞めさせますよ。仕事の大事なことって、そういうことだから」
「(メリー氏の実娘で副社長の)ジュリーと対立するなら、SMAPを連れていっても出て行ってもらう」
「うちの娘と飯島が争うなら私は飯島に『出て行け』と言うしかない。だって、飯島は私の子供じゃないんだもの」
「うちの娘が、何で飯島と派閥争いしなきゃならないの? だったら、どうぞ自分のところで別に(会社を)作ってくださいと言うだけ。派閥争いをしたら、飯島がどんなに(仕事が)できても、私は娘の味方です。親ですから、当たり前のこと」

 そして昨年6月頃からフジテレビが、飯島氏と仕事上の関わりが深かった局員たちを軒並み番組制作から外し、子会社への出向や異動などの“露骨な人事異動”を断行した(「週刊文春」2016年1月28日号)。飯島氏が追い詰められていったことは明らかだ。

1 2 3

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ブラック上司のやっつけ方 これってパワハラ? すぐに役立つ10のアドバイス (カドカワ・ミニッツブック)