ゴシップ

江角マキコの姿が消える…「バカ息子」事件から一年半。これはベッキーの未来の姿か

【この記事のキーワード】
江角マキコオフィシャルブログより

江角マキコオフィシャルブログより

 昨年末、レギュラー出演していた『バイキング』(フジテレビ系)と『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)を降板した江角マキコ(49)。これでレギュラー枠は司会を務める『私の何がイケないの?』(TBS系)のみとなったが、同番組も3月の番組改編で終了が決定したと「女性自身」(光文社)が伝えている。共に司会をしていたくりぃむしちゅー・有田哲平(44)は同じ枠で新番組を持つが、江角は外れるという。

 女優でありながら、『ショムニ』(フジ)のヒット以降はバラエティの看板番組を持つようになっていた江角。恋愛トーク番組『グータンヌーボ』(同)での毅然とした態度がウケたのか、司会のポジションを任されることが増えた。だがその株を急降下させてしまったのが、2014年8月に「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、“落書き事件”である。12年12月に、子供が同じ学校に通う長嶋一茂夫人への嫌がらせとして、長嶋宅の外壁に「バカ息子」などの落書きを施したという疑惑をもたれた事件だ。

 報道後も江角は変わらずテレビ出演を継続していたが、契約更新に伴いついに相次ぎ降板となった。「女性自身」では、「新規のCMや主演ドラマのオファーは今もない」「キャスティング会議では名前すら挙がらない状況」としている。上記番組以外にも、江角は単発特番で日本テレビ系の2本のクイズ番組司会を経験してきたが、続投は難しいのか。

 CMに関しては、江角は大手化学メーカー花王のいくつもの商品でイメージキャラクターを務めてきたが、すでにどの商品CMにも出演していない。洗剤「アタック」は吉瀬美智子、コスメ「ソフィーナ ボーテ」は石原さとみ・吉田羊・久本雅美、スキンケア「ソフィーナ ホワイトプロフェッショナル」は安田成美が出演中だ。

 肝心の女優業も厳しい。『ショムニ』シリーズ以降、00年代前半は多くの主演ドラマが制作され、00年代後半からは主婦役での主演も増えたが、11年の『ブルドクター』(日テレ)以来、連ドラ出演は途絶えている。映画に関してはブレイク後は精力的に出演して来なかった。この現状を同誌は「仕事ゼロ」と煽るが、本人はかえってホッとしているかもしれない。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

【花王ソフィーナ】ソフィーナ ホワイト プロフェッショナル 美白美容液 35g