ゴシップ

家事育児負担10割でも「怒られないように」気を使いまくる。辺見えみりの姿から見える厳しいママ規範

【この記事のキーワード】
辺見えみり オフィシャルブログ 『えみり製作所』 より

辺見えみり オフィシャルブログ 『えみり製作所』 より

 1月23日土曜日、「ママモコモてれび」(日テレ系)の子育て支援イベント『辺見えみりの完璧ママよりハッピーママ〜本音トーク会〜』が、東京・日テレ本社にて開催され、タレント・辺見えみり(39)が出席した。

 月イチで催される同番組のママタレトークイベント。前回のイベントゲストは元モーニング娘。辻希美(28)と飯田圭織(34)であり、客席には20代を中心とした若いママとパパ、そして子どもも1人ではなく複数人いるファミリーが目立っていたが、今回は、えみり世代の30代後半とおぼしき落ち着いたママたちが子連れで多く来場していた。服装もえみりフォロワーらしく“よいものをシンプルに”といった感じで、上質ニットにブランド時計、さりげないパールアクセなどを身に着けハットやニット帽のママ多め。ひとまとめにされがちな「ママタレ」ジャンルだが、ママタレごとに支持層がはっきり分かれているようだ。ベビーカーは国産軽量タイプに加え、前回アウェイ気味だったエアバギーもチラホラあった。0〜2歳児を連れて来場した家族が多かったようである。

 さて筆者は前回、取材として会場脇のプレス席でイベントのトークを聞いていたのであるが、今回は一般参加者としてmessy編集長とともに子連れで参加した。こちらのイベントは正味1時間、トークは40分程度である。子どもをおとなしくさせながら、壇上で繰り広げられるトークにどの程度集中できるのか興味を持ち、場を繋ぐためのオモチャやオヤツ持参で張り切って臨んだ次第である。だが、これがなかなか難しかった。えみりのトーク中も場内は子どもの泣き声がそこかしこで響いており、終盤にはもう騒がしさMAX。当然ながら筆者の息子も「もう外に行きたい」と親の気持ちは無視して連呼し始めた。イベント終了後にトイレに連れて行く際、会場の後ろにあるキッズスペースの存在に気づく。係員の若い男女が子どもの相手をしてくれており、絵本やオモチャもある。ここにずっといればよかった……。

 入場時に配られたアンケート用紙に宇宙の絵などを描きなぐる子どもに「見て見て!」と終始話しかけられ何度も集中力が削がれてしまったが、現在2歳7カ月の娘を育てるえみりのトークを聞いて印象深かったのは、

1:睡眠時間が短い
2:家事はほとんどえみりが担当
3:夜の一人でのお出かけにかなり気を使っている

 この3点である。

1 2 3

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

辺見えみり責任編集 the HANDBOOK (e-MOOK)