ゴシップ

カン・ドンウォン&金城武の共演もあり!? 人気俳優が音楽系事務所に入る理由

【この記事のキーワード】
KOREA126

カン・ドンウォン、第二章。YGエンターテインメント、 公式ブログ内で移籍発表

 カン・ドンウォンYGエンターテインメントに入りましたね! 1月18日、俳優カン・ドンウォンの誕生日にあわせて、YGが彼と新たに専属契約を結んだと発表し、話題を集めました。

 前所属事務所との契約が昨年11月に切れることで、その後の去就が注目されていましたが、BIGBANG2NE1iKONらを育てたYGのヤン・ヒョンソク代表とじかに話し、アジア市場戦略などに共感できたことが決め手だったようです。

 音楽系事務所の印象が強いYGですが、ここ数年、積極的に俳優のマネジメントを手がけており、公式サイトを見ると、大物のチェ・ジウチャ・スンウォンをはじめ、子役から中堅ベテラン、モデル出身までいるわいるわ……ここにカン・ドンウォンも名を連ねることになるわけですね。

中国市場を狙っての布石か

 こうした動きはYGに限ったことでなく、東方神起EXOを擁するSMエンターテインメントも俳優やお笑い芸人を抱えていますし、FTISLANDCNBLUEFNCエンターテインメントにはイ・ダヘイ・ドンゴン、また最強なのはJYJのいるCjeSで、チェ・ミンシクソル・ギョングソン・イルグクキム・ソナムン・ソリなどのビッグネームがずらり、といった具合です。

 K-POPで世界に名を知らしめても、やはり音楽だけで定収入を得るのは難しいのかなという気がします。ドラマや映画、バラエティで確実に稼いでくれる俳優陣がいてこそ、会社経営が安定して成り立つのかもしれません。それに、いまはどの事務所も日本市場ではなく中国市場に目を向けています。中国圏のドラマや映画にキャスティングされたりCMに起用されたりすると、出演料のケタがひとつかふたつ違うなんて話も聞きますしね。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

1%の奇跡 DVD-BOX2<シンプルBOXシリーズ>