連載

やっぱり「上流老人・曽野綾子」の暴言を許容してはいけない

【この記事のキーワード】
[PR]
[PR]
武田砂鉄

武田砂鉄/論男時評(月刊更新)

 本サイトを読まれる方が日頃手にすることがないであろうオヤジ雑誌群が、いかに「男のプライド」を増長し続けているかを、その時々の記事から引っ張り出して定点観測していく本連載。

 これまでの連載回で、意外にも俎上に載せてこなかったのが曽野綾子の発言。彼女の暴論垂れ流しエッセイが、オヤジ雑誌のプライド保持に有効活用されて久しい。ネットを回遊している人ならば、彼女の乱暴な言葉を指摘する声に何度も接してきたことだろう。それでもまだオヤジ雑誌は「ここはやっぱり曽野先生に言ってもらおう」と申し出ることを止めない。

 最新の素材は、「週刊ポスト」(2016年2月12日号/小学館)に寄せられた「高齢者は『適当な時に死ぬ義務』を忘れてしまっていませんか?」だ。このタイトルおよび記事内容に苛立った多くの読者が「アナタにそっくりそのままお返しするよ!」という声を投げていたが、気の利いた返し方だとは思えない。「高齢者は適当な時に死ぬ義務などない」と、根っこから問い質したいからである。つまり、曽野だって適当な時に死ぬ義務があるとは思わない。誰だってそう簡単に死ぬべきではない。選択肢を奪ってはいけない。

 ところで曽野は、自分自身の直言が、表紙でどのような記事と隣り合っているかご存知なのだろうか。すぐ隣にあるのは「死ぬまでSEX 『金髪エロ動画』大研究 乳房が違う!アソコが違う!愛撫が違う!フェラが違う!……(下記略/あと6つほど「○○が違う!」が続く)」である。死ぬ義務を忘れずに死ぬまでSEXに励む、とはいかなる状態なのか、こちらが若輩者だからなのだろうが、なかなか見えてこない。切羽詰まっていることだけはわかる。

「“下流老人”を苛めているなんて、とんでもない。人は働ける限り働くというのが健全なんです。“お爺さんは山へ柴刈りに、お婆さんは川へ洗濯に”という『桃太郎』の始まりの部分がそれを示しているじゃないですか」

曽野綾子(作家)/「週刊ポスト」(2016年2月12日号)

『働きたくない者は、食べてはならない』(ワック)という著書までお持ちの曽野。彼女の著作を、律儀に拝読してきた身としては、今回の記事に記されている見解などまったく目新しくない。今の老人たちがあらゆる権利を行使し、それらに依存しながらいつまでも生き続けることに対しての違和感を書き連ね、それらを自身がアフリカで見聞きした貧困の人々などと照らしながら、「甘えている」という結論に持ちこむのは曽野の手癖である。今回の記事では、「権利を『求め倒し』、医療を『使い倒し』、他人を『頼り倒す』年寄りは浅ましい」(見出しより)とし、このような「~倒す」という表現を用いるような状況にある現在を「薄汚い表現」「自分の美学がない」と言い切っている。

 曽野のような弁舌はいかなる事態を生むか。たとえば、高齢者世帯の受給が約半数を占める生活保護への誤解。生活保護基準以下の世帯で、実際に生活保護を受給している世帯数の割合を「補捉率」と呼ぶが、日本の補捉率は諸外国と比べてもいつまでも低いままだ。生活保護に向かう、「ラクして生きようってのか」的なイメージや「税金に頼るなんて恥」的なスティグマがこの低さを維持させてしまう。彼女のエッセイは常に自分の記憶、自分の周囲の人から得たエピソードから導き出されるが、書き進めていくうちに規模が膨らんで、いつの間にか対象が「最近の老人」「最近の若者」「最近の女性」と大きなスケールに至っていることが多い。

 書いているエッセイを先に進めるためにその飛躍が便利なのは分かるが、「最近の~」を「使い倒す」ことで、貴方の視界に入らない人たちが、踏ん張ることができなくなるかもしれない。曽野の例え話をそのまま使わせてもらうと、お爺さんが山へ柴刈りに行くだけでは、お婆さんが川へ洗濯に行くだけでは、到底、生活を維持することができなくなってきたことを問題視しているのが、昨年来の「下流老人」を巡る言説なのである。

1 2 3

武田砂鉄

1982年生まれ。ライター、編集。2014年秋、出版社勤務を経てフリーへ。「CINRA.NET」「cakes」「マイナビ」「Yahoo!ニュース個人」「SPA!」「beatleg」「TRASH-UP!!」で連載を持ち、「週刊金曜日」「AERA」「STRANGE DAYS」などの雑誌でも執筆中。近著に『紋切型社会 言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社)がある。

@takedasatetsu

http://www.t-satetsu.com/

コメント

コメントする

13 :
2016年03月12日 17:52

結局福島には行ったのだろうか?言ったら大宣伝しそうだが・・。
「放射線の強いところだって、じいさんばあさんを行かせればいいんですよ。何も若者を危険にさらすことはない。私も行きますよ。もう運転免許は失効していますが、あそこは私有地だから無免許でも構わないでしょう(笑)。」WILLより

返信
12 :
2016年03月12日 09:30

炎上作家、やっぱり南ア大使館から抗議
http://matome.naver.jp/odai/2142564588935599001

返信
11 :
2016年03月12日 06:22

保育園落ちたの件で再び注目される曽野さん発言集
https://twitter.com/T_oogami/status/708058598010527744

実績のない場合のトランプ氏よりも悪い気がする。

返信
10 :
2016年02月22日 20:44

曽野さんの成人までの経歴を拝見すると、「自分は特別」だけでなく、「相手は下」という意識を持ちやすい環境で育ったことが良くわかる。自分が想像した通りの経歴で本当に驚いた。
(2000年代の若者にも同じ経歴で似たような印象を持つ人がいる。)
普通は年をとるごとに謙虚になるが、文壇という個人間で成り立つ世界が、増幅させてしまったようだ。

返信
9 :
2016年02月18日 00:45

武田さんのコラムほんと好きです

返信
8 :
2016年02月17日 20:58

言いたいことなら何を言ってもいいと思い違いする老女の野放し

返信
7 :
2016年02月17日 19:52

珍獣としておもしろい。

返信
6 :
2016年02月17日 10:29

老害という言葉はこの人のためにある

返信
5 :
2016年02月17日 09:52

曽野綾子は恵まれた境遇に生きて来たと思う。それを基準にして意見を言うのはやめたほうがよい。
ひもじい思いをしたことの無いものが、いくら勝手の意見を言っても迫力や説得力は全くない。

返信
4 :
2016年02月17日 09:25

自分は、芝刈りにも洗濯にもいかないで、こういうことをいう人間が日本にいることが一番の恥、何も生み出さない作家なんか仕事じゃないから

返信
3 :
2016年02月16日 12:41

親父の承認のみを追求して純度100%にした女のサンプルとして観察する価値はあると思う。

返信
2 :
2016年02月16日 01:09
>>1

同感。曽野氏の暴論に、有難がって誌面割く方も割く方だと思う。たいがいにして欲しい。

返信
1 :
2016年02月15日 19:18

ほんとうんざりするわ、名誉オヤジ曽野綾子。

もうボケてるとしか思えない。甘やかされて、自分の言いたいことだけ吐き捨てて生きてきた(生きている)人だよね。

権力者や金持ちのボンボン、自分をお嬢様扱い・才女w扱いしてくれる人間にはめっぽう甘い。

アフリカ等の極端に貧しく、自分に絶対逆らわない人間を利用して、聖女を気取る。

ほんと品格を疑うわ。女として、老齢の者として、気品の欠片もない。

こんな人の本を有り難がって読む人か気が知れない。暴言妄言を吐かれることに快感でも感じるの?変態なの?

返信

コメントを残す

※空欄でも投稿できます

※誹謗中傷、差別的なコメント、プライバシー・著作権侵害などの違法性の高いコメント、宣伝コメントなどについては編集部判断で予告なく削除・非表示にする場合がございます。


七 + = 11

関連記事
最新記事

messy新着記事一覧へ

下流老人 一億総老後崩壊の衝撃 (朝日新書) 週刊東洋経済 2015年 8/29号 Wedge (ウェッジ) 2016年 2月号 雑誌