連載

夢破れて就活あり どうやって夢を諦めて大人になりましたか?

【この記事のキーワード】

image1

就活をするのにあたって、一番邪魔なものがあります。

それは、夢、です。

本棚に並んでる本、パソコンの中の書きかけの小説、そういうのが、ふとしたきっかけにこちらに語りかけてきます。

「お前いいのか? こんな風に終わらせて」

小説を書くために会社をやめて、三年が過ぎました。ずっと小説を書いてきた僕ですが、それも諦めなくちゃいけなくなった。というのに、僕の心は相変わらず中途半端です。心のどこかに、その夢が残っていて、何故か醒めてない。

中途採用の就活では、職務経歴書、というものを書くことになります。大学を卒業してから、自分が何をしてきたか、冷静に振り返る必要がありました。結論としては、僕はたいしたことは何もしていませんでした。僕から小説を抜いたらあと、何が残るんだろう。職務経歴書を書いていたら、心にぽっかり穴が空いたような気持ちになりました。

「肺炎ですねぇ、たぶん」

あまりにも咳が収まらないので行った病院で、なんともアバウトな診断を受け、帰り道。

咳が、エンドレスで止まらない。

風邪なのに無理してバイトを続けて徹夜で原稿書いたりしてたせいでしょうか。ゴホゴホしながら、橋の上からしばらく水面を眺めて過ごしました。視界の水面は、どんどん滲んでいきました。

人間って、なんで生きてるんだろうな。

死ねばいいのにな。

もう何度も何度も思ってきたことを、飽きもせず僕は再び思いました。

終わる世界

肺炎のせいなのか、根性がないのか、あるいはそのどちらのせいでもないのか。就活をやる気がなくなってしまいました。というか、何をする気も起きない。全身の倦怠感が尋常じゃないのです。

これまでの人生で、ここまで何もする気が起きなくなったのは初めてでした。今までは、なんだかんだ僕はダメだ終わりだのと言いながら、酒を飲んだりくだをまいたり文章を書いたり、色々する元気はありました。

酒なんか飲む気にもなれません。食欲も性欲もない。電気をつける気力も湧かないから、つけない。立ち上がる気力もないので、薄暗い部屋で、目を閉じて寝てばかりいます。ネットをする気力すらゼロ。アニメを見たり本を読んだりする気力も湧いてきません。風呂にも入りたくない。バイトは一旦やめたので、外出する予定もありません。それで、僕は10日以上、風呂に入っていません。すげー体はかゆいけど、風呂に入るのが面倒臭いので、入りません。こういうところから人間は本当に駄目になるんだな、という気がします。僕は近ごろ、廃人みたいな生活を送っているのです。

デジタルデトックスなんて謎のフレーズが跋扈する昨今、みなさんは、何もせずに一日を過ごしたことがありますか?

これ、すっげー、暇です。

娯楽がない。単純に、起き上がれないから、娯楽にアクセス出来ないのです。テレビを見るのすら、一定の体力気力が必要なのだと思い知りました。それで「たぶん肺炎」は一向に治る気配がありません。

1 2

奥山村人

1987年生まれ。京都在住。口癖は「死にたい」で、よく人から言われる言葉は「いつ死ぬの?」。

@dame_murahito

http://d.hatena.ne.jp/murahito/

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)