ゴシップ

中谷美紀は被害者なのか? 渡部篤郎が「内縁妻を捨てて若い女に走った最低男」扱いされる不可解

【この記事のキーワード】
中谷美紀オフィシャルサイトより

中谷美紀オフィシャルサイトより

 先日、30代の元ホステス女性と結婚を視野に入れた付き合いをしていることが明らかになった俳優の渡部篤郎(47)。渡部が前妻のRIKACO(49)と婚姻関係にあった2003年に不倫が発覚し、その後も交際継続していた女優の中谷美紀(40)と昨年夏に破局していたこともわかり、ネットでは「結局若い女がいいんだ」「不倫した挙げ句捨てるなんて」「中谷美紀がかわいそう」とのブーイングが沸いている。「渡部は10年以上連れ添った中谷を捨て、中谷よりも若い女性を選んだ最低な男」という見方である。

 しかし一部では、渡部の交際相手は30代ではなく本当は40代で中谷の同世代、元ホステスではなく元クラブのママであるとの情報が。となると、渡部は「若い女に走った」わけではない? そもそも破局は片方だけのワガママで訪れるものでないことくらい、誰でもわかることだ。渡部と中谷のあいだで合意のもとに関係を解消したのなら、ブーイングは筋違いである。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社新書)