連載

ミニスカ生脚に弱い男たちを責めないで!? 露出女がモテる本当の理由

【この記事のキーワード】
hormone11

Photo by TallKiss.com from Flickr

 露出が多い女性は、同性である女性に嫌われます。

 女性が肌を露出するのは、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の影響とされています。このエストロゲン、どうやら「今よりもっといい相手がいるはずだから、着飾って男を誘惑しろ!」と女性に指示を出してるようなんですね(女子ホルモン部第1回参照)。つまり、露出が多い女性は、「浮気っぽい」ということ。同性である女性は、無意識のうちにそれを察知して、そんな女性たちを嫌うのかもしれません。

 でも、世の中の男性は、彼女たちが肌を露出して誘いをかけているように見えるから、その誘いに乗っかっている……というわけでは、必ずしもないようです。

 なぜなら、「肌の露出の多い子は、実は優しい」というデータがあるからです。

 冒頭の「エストロゲンが多く分泌されているときほど、女性は肌の露出の多い服装を好む」という説を提唱したのは、人間行動学者のカール・グラマー博士ですが、彼によると、このエストロゲンには、心を穏やかにし、人を優しい気持ちにさせる作用があると言います。つまり“露出度が高い女性はエストロゲンが多く、ゆえに優しい”といえるわけです。

 逆に、エストロゲンが少ない女性は、露出度の低い服装をする傾向があるのだとか。こういった女性は、比較的気持ちにゆとりがなく、人に対してそっけなく対応する傾向があると言います。つまりギスギスしていて、ちょっと怖いんですね。

 こうしたことに無意識に気づいているので、世の中の男性は、露出の多い女性につい引き寄せられてしまうのかもしれません。誰だってニラまれるより、優しく受け入れてもらったほうがうれしいですもんね。

 「好きでギスギスしてんじゃないやい!」という女性は、露出度を上げることで、エストロゲンの分泌を増やすことができるそうです。自然と優しくなれちゃいます。

 ということで、男性から「冷たい」「怖い」とよく言われてしまう女性は、二の腕がガッツリ出る服を着てみたり、短めのスカートを穿いたりして脚を露出してみたりするとよいのでは?

(文=きづき桃)

【女子ホルモン部バックナンバー】
第1回/峰不二子になりたくば「肌を出せ」! 浮気な女はホルモンが作る
第2回/乳首を吸われれば吸われるほど、男に尽くしたくなってしまう!? 嗚呼女性ホルモンの意地悪!
第3回/浮気な彼はこうしてやる! ○○○攻めで彼のソワソワ心を封じ込め
第4回/シャワーを浴びても落ちない…女だけが嗅ぎ分けられる「浮気の証拠」
第5回/パイパン・ブームに物申す! 陰部剛毛女子は敏感ボディ
第6回/淋しくなると、彼のココやアソコに顔を埋めてクンクンする女たち
第7回/Tシャツに染み付いた男の体臭が教えてくれる、ふたりの相性
第8回/いつまでも若くてステキでいるために! キスの絶大なる効果を再確認
第9回/意外とかわいい柄、そろってます。女子用ふんどしがセクシー美人を作る!
第10回/巨乳でセクシーな女性ほど、ハゲマッチョな男性に魅かれる法則

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

姉ageha (アゲハ) 2013年 09月号 雑誌