ライフ

未成年の性的欲望を否定せずに、保護・救済することは可能か 小池一夫氏発言から考える「大人」の態度

【この記事のキーワード】
小池一夫公式ブログより

小池一夫公式ブログより

去る2月21日、岡山県警により会社員が逮捕された。逮捕理由は未成年誘拐容疑で、出会い系サイトで知り合った岡山市在住の女子生徒を容疑者が呼び出し、同月7日から兵庫県赤穂市の自宅に連れ込んだのだという。

この事件報道に際しての、小池一夫氏のツイッターでの発言が二次加害発言ではないかと、話題となった。『子連れ狼』など漫画原作で著名な小池氏は、ツイッターのフォロワー数は28万人以上と、ネット上での影響力の大きさがうかがえる。小池氏がツイッターで発言した問題箇所は以下である。

のちに、賛成や反対など多くのコメントが届き、炎上したわけだが、小池氏はツイートから2日後の23日に自身のブログで「僕の変わったところ、変わらないところ。」と題し、批判に応じている。その前にまず、筆者が当該ツイートを読んだときの違和感を整理してみる。

1.倫理観と貞操観念の欠如を持ち出し、女性が欲望を抱くことに対して否定的な、性規範を押し付けている
2.本件の女子中学生がどういった意図で出会い系サイトを利用し、兵庫県在住の相手宅に身を寄せたかが報道されていないのに、性的欲望とお金目当てと決めつけている
3.性的欲望が出会い系サイト利用の理由だとしても、1.の通りであるし、同様に、未成年であっても欲望を抱くことは不自然ではない
4.女子中学生が容疑者から強要されて兵庫に滞在したのだとしたら、きっかけが性的欲望であれ金銭目当てであれ、13歳の少女を責める理由にはならない
5.本件の背景は報道されていないにもかかわらず、逮捕された男性についても「馬鹿な男」と断罪しているが、少女が容疑者の自宅になぜ身を寄せたのか? と考え、男性の置かれた状況にも想像を行き届かせるべきではないか
6.これらの発言を「家人」が言ったものとし、批判からの責任逃れをしている

(※筆者が確認した報道は、20日のテレビ朝日のANN、21日の毎日新聞、朝日新聞、22日のKSB瀬戸内海放送のもの)

まず1.についてだが、当初のツイートでは「倫理観も貞操観念もない女」という表現があり、ここに、性的欲望を理由に出会い系サイトを利用する女性の欲求は抑制されるべきだ、という考えがうかがえる。2.の通り、そもそも女生徒が性的欲望を理由に出会い系サイトを利用していたのかも定かではない。そして、3.で違和感を指摘したのは、「中1で男が欲しかったのか」「中1で出会い系サイトで知り合う女の子は、もう女の子じゃない」という箇所で、少女が性的関心を持つことに否定的だと言える。

思春期の男子は性的関心を持つことは一般的とされている(その弊害で性的関心を見せない男子は「一般的ではない」と嘲笑などの差別を受けることもある)のに、女子だと貞操観念を持つべきというのは、おかしい。

こういった点から、「未成年」「女性」という二重の規範で女生徒への批判的な視線が、小池氏の当該ツイートには備わっていると言える。未成年が欲望を抱くことについては、小池氏はブログで、「思春期特有の自由になってみたいという憧れ」という表現を使い、少女の欲望を認めているようにも読めるが、女性の欲望に対する抑圧的な考えについては触れられていない。

1 2 3

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

性犯罪者の頭の中 (幻冬舎新書)