恋愛・セックス

私が風俗嬢になったワケと、「元風俗嬢」が背負っていくもの

【この記事のキーワード】
Photo by Sodanie Chea from Flickr

Photo by Sodanie Chea from Flickr

私が風俗の仕事を始めたきっかけは、生活が困窮して家賃が払えなくなったからだった。両親は亡くなっていて、頼れる親戚もおらず、悩みに悩んだ末に風俗店の扉を叩いた。

借金も考えたけど、もともと浪費癖があったので、一度借りたらそのまま借金地獄に転落してしまいそうな気がして、怖くてやめた。生活保護の申請も考えなくはなかったが、フラフラとフリーターをしている私が受給する資格はないと当時は思っていたし、好きな部屋に住んで、好きなときにバイトをしてという自由な暮らしも手放したくはなかった。

そうして始めた風俗の仕事。

接客は全然楽しくないし、苦痛でしかなかったけど、勤務後に全額日払いで貰える○万円という高額の報酬が嬉しくて仕方なかった。最初はある程度生活費を貯めたらすぐに辞めようと思っていたのに、「どうせなら、諦めた夢を叶えるために貯金しよう」と思うようになり、そのまま続けることにした。

私は高校卒業後、大学に進学することを希望していたのだが、家庭の事情により叶わなかった。

正社員として就職する気にはどうしてもなれず、「いつか大学に行って、自分のやりたい仕事をしたい」と思い、フリーターとなる道を選んだ。大卒じゃなくても、努力してその仕事に就いている人はきっといっぱいいるのに、あの頃の私は「大卒じゃないと無理だ」と思い込んでいた。

卒業後はほぼ全員が有名大学に進学する高校に通っていた私は、フリーターになったものの、やはり大学進学以外に自分の将来はないと思い込んでいたのかもしれない。でも結局、ちゃんとお金を貯めようともせず、フラフラとその日暮らしをして、家賃も払えなくなるほど困窮してしまったのだから我ながら呆れる。

1 2 3

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

自分らしいキャリアのつくり方 (PHP新書)