ゴシップ

「温泉盗撮」女性を撮ったら犯罪、男性なら笑い話? サンド伊達の「脱衣所で全裸盗撮された」告白はなぜ笑えるネタなのか

【この記事のキーワード】
サンドウィッチマン伊達みきおオフィシャルブログより

サンドウィッチマン伊達みきおオフィシャルブログより

 サンドウィッチマンの伊達みきお(41)が、3月8日『バイキング』(フジテレビ系)で、温泉に行った際、全裸を盗撮されたことを明かした。この日の放送は、隠し撮り写真のネット流出被害がひとつの議題。その流れで伊達が「温泉で着替えてて、全裸の時にカシャってやられたことあります」語ったのである。

 脱衣所で服を脱いだときにスマホカメラらしきシャッター音がし、「明らかに撮られたんだけど、誰が撮ったのかよく分からなかった」と、撮影者を特定することができなかったという。結局この話題は「個人で楽しむのならいいんですけれど」とつぶやく伊達に、出演者らが「それはない」と突っ込み、笑いに昇華されていた。

 しかし、全く笑えない。ゲイネタで乗り切るところも笑えないし、お笑い芸人だし、男性だし、ルックスから推し量る“裸の価値”が低い……ゆえに「たいしたことじゃない」と認識し、その認識を共有して笑い話にしてしまうあたり、実にマッチョな価値観だと思う。脱衣所で相手の了承なく裸の画像を撮影するのはまぎれもなく盗撮行為であり、笑って済ませてよいものではない。そもそも盗撮は刑法で規定されておらず条例の罰則も軽いのだが、刑罰の重さについては本稿の趣旨から外れるのでここでは触れない。提起したいのは、「男性の肉体」の権利意識について、男性自身も、また女性も、あまりにもライトに扱いすぎているのではないか、ということである。

 この放送内容についてネットでも「伊達は目が可愛いからしゃーない」など、冗談めいたコメントが多いが、「まだ(盗撮画像がネットに)出回ってないってことはまさしく個人で楽しんでるんだろう 不幸中の幸いというかなんというか」と同情(?)を寄せる声もある。

 が、被害に遭ったのが女性であればここで笑い話にはできないはずだ。伊達が脱衣所で撮影されたということは、コメントの通り、撮影者個人の性的な欲求のためであろう。はたまた、伊達が有名タレントであることから、性的指向ではなく興味本位で撮ってしまったのかもしれない。いずれにしろ、勝手に撮影して良いものではない。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ちょっと何書いてんのかわかんないです……!!