ライフ

女性にとって人生の目的は「結婚、仕事、子育て」しかない? 紋切りな女性蔑視で炎上後、削除して逃げた男へ

【この記事のキーワード】
日経ビジネスオンライン「逃げる女は美しい」より(現在は削除済み)

日経ビジネスオンライン「逃げる女は美しい」より(現在は削除済み)

SNSでは今、はてな匿名ダイアリーの記事を発端に、「#保育園落ちたのは私だ」とタイトルにハッシュタグがつき、乳幼児期の子育ての困難が話題になっている。テレビや国会で当該記事が取り上げられるに留まらず、デモにまで発展している。近年、結婚や仕事、子育ての両立に悩まされる女性問題が大きく話題になりつつある一方で、3月7日の夜に読んだ「日経ビジネスオンライン」に掲載された「逃げる女は美しい」という記事のように、あいも変わらず女性にだけ家庭、出産、子育ての問題を押し付けるような声もある(現在は削除済み、後述)。

家庭と言えば、年収200万を超えたことのない34歳独身の筆者は、お風呂やトイレの掃除、食事の準備や洗濯など日々のあれこれに追われながら、こんなとき生活を共にするパートナーでもいれば……と暗澹たる気分に沈むことがある。現実逃避に、買いだめしたチョコレートを引っ張り出すも、ヤ、今食べたら太るぞと25時を示す時計を見、代わりにみかんを剥いて口に放り込みながら、糖質の低いものから食べれば血糖値の上昇は緩やかになると免罪符のように考えて、結局チョコレートに手を出す。

子育てには生活基盤の安定が必須

わたしのような「男性として生まれて身体を女性化した人間」、つまりトランスジェンダーが家族を作るというロールモデルは見当たらず、結局また立ち尽くしてしまうのである。わたしは子どもを産み育てる未来について15歳くらいで絶望しており、そういう話をすると養子を薦められるのだが、ひとりで育てるにしろ誰かと共に育てるにしろ、その生活基盤がそもそも危ういから結局具体的に考えられもしない。

性的マイノリティのライフスタイルにまつわる国内のニュースは、ゲイ、レズビアンの婚姻制度が主だ。しかし、同性間パートナーシップの話題に子育てが絡んで、養子を取るといった話を耳にしたことはない。そもそもまともに彼氏がいた試しもないわたしは、サンジュー過ぎのトランスジェンダーがいかに男の人とオフィシャルな関係を築いていけばよいのか!? という問いにずーっと頭を抱えていて、子どもどころではない。

他方、周りの20代半ば~40歳くらいの友人知人のあいだでは出産、子育てはホットなトピックだ。「#保育園落ちたのは私だ」で書かれる生々しい話も、SNS上で見聞きしていた。乳幼児を身近な保育園に入れられている人が、養育費が抑えられる認可保育園に入れ続けるべく役所に提出する書類と格闘していたり、本稿執筆中にも、子を認可保育園に入れるための七転八倒や会社の育休との兼ね合いなどについて、同世代の知人女性がSNSで綴っておられるのを読んだ。出産自体が難儀なのに、その後の育児の途方もなさ! を想像させられて、わたしはますます子育てが縁遠く感じられて、宇宙を眺めるように遠い目になってしまう。

が、子育てする未来の見えないわたしにも、この国の子育て問題とまったく接点がないとは思わない。

「家族を作りたい」という素朴な欲求は、ロマンティックな恋愛の延長線上としても理解できるし、収入のうえでも健康のうえでも先行き不安のため、プラクティカルに生活をシェアし支え合う人間関係を構築するという文脈でも、他人事とは思えない。だから、結婚と子育てと仕事と自分に折り合いをつけようとする女性の悩みの切実さを、ときどき想像してみる。ちょっと調べてみると、「保育園難民」問題は社会保障および福祉制度と教育の問題と分かち難いのだと理解でき、茫とした感触だけど、「#保育園落ちたのは私だ」という叫びが多少身近に感じられた。子育てが家庭の外でも担われる必要性は、終身雇用制の崩壊や日本自体の不況も影響しているだろう。

だから、「日経ビジネスオンライン」の「逃げる女性は美しい」には呆れて顎が外れそうになってしまった。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす