ゴシップ

西川史子の新恋人募集は「遺産目的」? 男のカネを当てにする女たちと、女の奉仕を求める男たちのマッチング

【この記事のキーワード】
[PR]
[PR]
西川史子

ライト当てすぎ感。(ホリプロHPより)

 10日に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に出演したタレントの西川史子が、番組内で恋人を募集した。石橋貴明が女性芸能人の悩み相談に真剣に答える『石橋温泉』のコーナーで、西川は、14年に離婚した後に一人で億ションを購入し、現在、月々20~30万円払いで35年のローンを抱え、将来に不安を感じていることを告白。そこで、石橋が、番組で恋人募集することを提案すると、西川は「できたら(ローンを)払ってくれる人を見つけたいんです」という前置きをしてから、「年収は3000万円以上。年齢は80歳まで」という条件を提示した。

 視聴者はweb上にて「何様のつもりか?」「相当ずうずうしいね!」「80歳までって……完全に遺産目的」など辛辣な意見を交わし、さらに先日、タレント医師の脇坂英理子が診療報酬詐欺の疑いで逮捕されたこともあり、「西川先生もお金に困って変な事件起こさないか心配」と指摘する声まで上がる始末だ。

 傲慢で高飛車なキャラクターはタレントとしての彼女の持ち味だった。結婚と離婚を経て、そのキャラにブレが生じていたが、ここへきて「年収3000万以上、または資産家の、80歳までの男性」を「ローンを一緒に払ってほしいから」というあからさまなカネ目当てで募集したのは、テレビでウケるためのネタだとしても西川史子の面目躍如かもしれない。結婚以前は、「年収4000万以上」を恋愛対象になる男性の絶対条件としていただけに、その頃より1000万値下げしているが。

 ただ、もしもこれがネタではなく彼女の本音まじりだとするならば、結婚に「ローンの肩代わり」を求めるのはおかしい。「よし、君のことを愛しているから、一緒にローンを返そう!」と誓ってくれる男性もいるのかもしれないが、自分で払いきれないようなローンを組むことがまず浅はかだった。

1 2 3 4

コメントを残す

messy新着記事一覧へ

年収4000万にこだわる理由