連載

情緒のやばい男も強靭メンタル男も入り乱れ! 出会いの宝庫・銀座コリドー街周辺のナンパ事情

【この記事のキーワード】

mihotantop

みなさんこんにちは、みほたんです。前回、銀座のナンパスポットに繰り出しましたが、人が多すぎて好みの人とも話せず疲弊しきって逃げ出しました。今回はその後のお話です。

銀座には300BARのようなナンパに強いお店も多いですが、女の子2人だと道をただ歩いているだけでも声をかけられやすいです。有名なのは“コリドー街”ですよね。Mちゃんも「今日はまだ付き合いますよ」と言ってくれていることですし、せっかくなので行ってきました!

とはいえ、私は普段キラキラ女子の友達に連れられて歩いているので、人を案内しながら闊歩できるほどコリドー慣れしておりません。

「本当に歩いているだけで声をかけられるのか?」
「よく考えたらけっこう今日ダサい格好してるし……」
「コリドー街ってどこまで? てか端まで行って何もなかったらUターンしてくるの恥ずかしくね?」

と内心のそわそわを隠しきれず、がっつりキョロキョロしながら歩き出しました。歩き進めるにつれて「これは取れ高ゼロの可能性あり!」と本格的に心配になり、ますます目がギンギンに。前から男性2人組が歩いてくるたびにヤバいオーラを出していたと思います。はい。案の定心配は的中。何事もなくスムーズに駅の近くに着いてしまい、メンタル弱めの私たちは早々に目標をチェンジ。

「よし、相席屋行こうぜ」

ちょうど相席屋のコリドー店が2月にオープンしたと知り、ダッシュで向かいました。が!満席! 女性15組待ち! 今日の良縁探し活動も終わりか……と、とぼとぼ来た道を帰っている時に前方から来た男性2人組に「相席屋入れなかったの?」と声をかけられました。

【今日の取れ高】

1組目
彼らも相席屋へ行こうとしていたらしく、「入れないなら別の店で一緒に飲もうよ!」ということに。でも、かなり酔っ払っているように見えたので悩んでいると、「じゃあジャンケンで俺が勝ったら行こう!」と言われ、一応勝負してみると後出しジャンケン……。もちろん負けて居酒屋へ行くことが決定。かなり強引でしたが「何事も経験だ……このまま帰っては原稿にならないぞ!」と自分を奮い立たせて気持ちを切り替えました。

九州出身の同級生だという2人は、そのはしゃぎっぷりも見た目も大学生かと思いましたが社会人とのこと(疑)。かなりノリの良い男の子たちだったので会話も弾んでいたのですが、だんだん私の隣に座っていた男の子の様子がおかしくなっていき……。私の椅子をガンガンに蹴り始めて「おい! なんで付いてきたんだよ!」と突然のドSっぷりを発揮。情緒がやべぇ。

会話にならなくなってきたし、またブチ切れられたら恐ろしいので、退散することにしました。最後に連絡先を聞かれたので改めて名前を聞いてみると「坂本龍馬」と名乗られ、そこでもまた一苦労。煩わしさもやべぇ。「とりあえずもう出ますね! ごちそうさまです!」と逃げ出しました。椅子を蹴られても一緒にいたいと思えるほどMじゃありません。

1 2 3

みほたん

自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 メンバーそれぞれが難点を持つアイドルOTAFUKUガールズの貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

twitter:@fukumoco

上京しました~お貧乏で大都会~

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

婚活リベンジ! (マンガでわかる)今度こそ、半年以内に理想のパートナーを引き寄せる方法 (家族・教育・生活)