ゴシップ

暴走族の女神からオーガニック母へ。工藤静香のしつこい変貌アピールと木村家離散報道

【この記事のキーワード】
工藤静香オフィシャルHPより

工藤静香オフィシャルHPより

 金曜深夜の音楽番組である『バズリズム』(日本テレビ系)。3月18日のトークコーナー「おしゃべリズム」に、歌手の工藤静香(45)が出演した。

 番組では、工藤にまつわる伝説が事実かどうかが本人の口から明かされることに。「コンサート入りには必ず暴走族を従えていた」という伝説について工藤は「従えてはいない」と言いつつも、「コンサート後に2つの暴走族のどちらが私の車を先導するかケンカになった」ことがあったと振り返った。

 「食べ物は100%オーガニック」との伝説は事実だと認めた工藤。独身時代は食べ物などどうでもよく、朝食にあずきバーを食べるような生活だったが、子供を産んでから意識が変わったという。それが高じて、現在はネットショップで自身がオススメするオーガニック食品の通販などを行っているとのこと。また、スタジオではオーガニック食材を使った彼女のお手製ケーキが振る舞われた。

 今回の放送では、全盛期はヤンキーに絶大な人気を誇っていた彼女らしい暴走族のエピソードに注目が集まっていたが、現在の彼女は「喧嘩上等」スピリッツこそ失っていないものの、不良文化からはほぼ足を洗い、情熱の多くを愛する家族の健康に注いでいる。オーガニック食材へのなみなみならぬこだわりは、これまでも雑誌やテレビ出演のたびに披露しており、保存料ゼロの食品しか口にしないこと、食卓には無添加素材の手作り料理を並べること、天然酵母のパンを焼くこと(明石家さんまにお土産としてプレゼントしたこと有り)、うどんも生地からこねて「ちゃちゃっと」作ることなどなど、アピールし続けてきた。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

My Heartful Best~松井五郎コレクション~