連載

女性が上の年の差婚に「年増の女を連れてきた」「孫がほしい」義両親のエゴと過剰な心配

【この記事のキーワード】
Photo by mrhayata from Flickr

Photo by mrhayata from Flickr

 タレントの千秋(44)の結婚を22日、所属事務所がファクスで発表した。事務所の発表では相手の素性は書かれていないが、TBSに勤める一般男性(29)だという。千秋は、前夫・ココリコ遠藤章造(44)との娘を育てているが、結婚は娘が中学生になるまで待ち、環境変化による影響が一番小さいタイミングを選んだという。それだけではなく、結婚相手に子供がいれば、相手との関係に加え、子供との関係構築もすすめてから、結婚を考えることになるだろう。また昨年末に再婚した遠藤とも、お互いの再婚時期を数カ月も前から話し合っていたというから、ここまでくるには長い道のりだったのかもしれない。

 15歳差の結婚で、女性側は子連れ再婚。彼らはテレビ業界の人間であり、実業家でもある千秋の稼ぎは一般女性とは桁違いだが、さて、これが一般社会ならどういった展開になるか。小町では意外と「女性が年上の年の差婚」にまつわる相談が多い。

「39歳妻、夫より8歳上なので姑に結婚を認めてもらえない」

 トピ主ひなこ(39)には結婚して3年になる夫(31)との間に1歳の息子がいる。職場恋愛でともに初婚である。そんなふたりの結婚を、姑(51)がいまだに認めてくれないのだという。何度話をしても『年増女が息子を騙した』と聞いてくれないうえに、息子が産まれても、『本当に息子の子か?』と疑う始末。肝心の夫は、母子家庭で母ひとり子ひとりのためか、そんな姑を『気にしている』という。

「歳のことは言われてもなんともできません、努力でなんとかできることではないのです。料理が下手とかそういうことなら認めてもらおうと頑張ります。でも年増女、年上女がかわいい息子を騙したと責められ続けてます。主人は私の味方ですが、姑のことを気にしてます。うちも母子家庭なので気持ちはわかるんです」

 と訴えるトピ主。どうしたら姑に認めてもらえるか、という相談だ。ちなみに夫が説得しても孫を見せてもダメだったそうだ。

 コメントでは「自分と12歳しか違わないお嫁さんだと、そういう反応になるかもしれませんね」と、姑の年齢も関係しているという指摘や「それが現実」と、年上妻であれば相手の家族が難色を示すのは当然という指摘が書き込まれる。また「母一人息子一人家庭なら年下女性は息子との結婚避けるし、年下の嫁が来ても別の理由で姑は嫁いびりしますよ」と、トピ主でなくとも、姑は認めなかったのでは、というコメントも。このトピには、トピ主と同じような年上妻たちからの「長い間認めてもらえなかった」「今も認めてもらえていない」という経験談が多く書き込まれた。しかし最も多かったのは「認めてもらう努力をやめちゃいな!」というアドバイスだった。

1 2 3 4

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

子連れ再婚を考えたときに読む本