ゴシップ

「特別だから不倫にも目をつぶろうよ」乙武洋匡を擁護する友人たちの異常性

【この記事のキーワード】
『ともに生きよう (元気が出る日本人100人のことば) 』ポプラ社

『ともに生きよう (元気が出る日本人100人のことば) 』ポプラ社

 先日、「週刊新潮」(新潮社)によって明らかにされた乙武洋匡さん(39)の不倫。乙武さんは不倫を認め、過去には5人もの女性と不倫したと告白、さらには妻である仁美さんも謝罪文を発表するという事態に。ネット上では乙武さんの不倫そのものへのバッシングのみならず、「妻には何の責任もないのに謝罪させるなんて」という声や、乙武さんが自民党から夏の選挙に出馬予定と見られていたために「夫婦で選挙対策として謝罪しただけでは?」との指摘も出ていた。

 乙武さんの奔放な遊び方は、近い人間たちにとっては周知の事実だったそうで、報道のすぐ後から現在まで関係者からさまざまなコメントが出ている。27日放送の『Mr.サンデー』(フジテレビ系)や翌28日の『ノンストップ!』(前同)には、乙武さんの不倫旅行にダミーとして同行した友人や乙武さんとの合コン経験があるという女性が登場。友人は、旅行中には2人の不倫関係に気づかなかったと弁解しつつも、「彼は能力の高い人間だし、だけどやって良いことと悪いことがあって、そこをきちんと教えるのが僕たち友達の役割。『彼は特別だから目をつぶろうよ』と、どこかにそういうのがあった」と本音を明かしていた。乙武さんは傲慢な裸の王様になっていたのか。

 乙武さんと複数回の合コン経験があるという女性は、合コン中の乙武さんについて「途中からはエッチな会話ばっかりでしたね」と話し、連絡先を交換した後日には「23時開始の、ホテルのスイートルームでの合コン」に誘われたとも。合コンの最中に乙武さんは「僕はすごいよ。僕は強いよ」と話していたそうだ。ほかにも「関係を持ったことがある」と自称する女性が、「彼はすごくモテる。今でも私は彼を尊敬している」としながら、性行為について「まず私が乙武さんを布団に寝かせてセットして、しっかり固定して、……と言う感じですね」と暴露する始末。実に口の軽い友人たちと行動を共にしていたようだ。

 さらに一部スポーツ紙では乙武夫妻について「夜10時を過ぎたら『家に帰らない』という約束をしていた」と友人が証言する擁護記事が出た。三児の寝かしつけを終えて疲労困憊の時間帯に、食事や排泄、風呂など日常生活の介助が必要な乙武さんが帰宅すると妻の負担になるから……という理由での「門限10時」で、それを過ぎたら乙武さんは事務所に泊まらざるを得なかったために半別居状態になり、他の女性と不倫関係になってしまったのでは、というわけだ。しかし「門限」というからには普通、「10時までに帰宅してほしい」という意図でのルールだったはずだろう。それを逆手にとって「10時過ぎたから帰らない」と言い訳するのはあまりに幼稚である。

1 2 3

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

不倫が教えてくれる女と男のルール