ゴシップ

生放送中に堂々セクハラをする「困ったジジイ」みのもんたの常習度

【この記事のキーワード】
みのもんた

オヤジ、母さん泣いてるぞ。/『口説きながら麻布十番 duet with みの もんた』ユニバーサルミュージック

 みのもんた(69)が、司会を務める平日朝の情報番組『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)で、吉田明世アナウンサー(25)にセクハラをした疑惑が持ち上がっている。問題となっているのは、8月30日の放送で、番組終了間際の午前8時29分。CM明けに吉田アナがニュースを読むところで、みのが正面を向いたまま「さりげない感じで」吉田アナの背後に手を伸ばし、吉田アナがそれを手で払っているような様子がはっきりとカメラに捉えられ、放送された。この映像は動画サイトに投稿され、ネット上で「セクハラか」と騒動になった。

 9月2日、TBS広報部は「セクハラ行為があったという事実はありません。スタンバイの最中に、みのもんたがアナウンサーたちと談笑していました。その様子が放送にこぼれてしまうことで、誤解を与えてしまいました」と発表。セクハラ疑惑をきっぱり否定した。さらに、当事者である吉田アナとみのに確認したところ、双方ともセクハラとの認識はまったくなかったということ。ゆえに、みのには注意勧告などせず、「紛らわしい場面を放送した」との咎で番組プロデューサーに口頭で注意したこと、などが明らかにされている。

 この件を詳しく報じているスポーツ紙によれば、セクハラ報道に吉田アナも驚いているという。CMに入る直前のコーナーでは、同局の人気ドラマ『半沢直樹』を引き合いに出し、アンケートで集めた上司や部下への不満を紹介。その際、吉田アナが「部下」を「バカ」と聞こえるよう発音してしまい、CM中にみのが「今、バカって言ったよね」と笑いながら彼女の肩を押し、その流れで吉田アナがよろけてはいけないと咄嗟に手を背中に回して支えようとしたところ、CMが明けてカメラに映ってしまった……というストーリーが展開されている。

 みの自身、スポーツ紙の取材に「アナウンサーがトチった時に軽く突いたりするのは、僕としてはよくあることで、パワハラと言われるならまだしも、セクハラなんてとんでもない。そんな認識はないし、相手も戸惑っていると思う。このように報じられることに驚いている」とコメントしている。

常習犯だから「なんであれぐらいで」?

 TBS広報部とみのによる「ふざけていただけで、セクハラではない」という釈明は、火に油を注いだだけのようだ。ネット上では呆れた声が続出している。

「若手のアナがみのもんたに意見できると思ってんの? それもスタッフ・出演者全員が知らない振りしてるような異常な空間で」
「TBSは女子アナの人権を蹂躙する会社なんですね」
「相当世間と感覚ずれてるよ。TBSはこれで良いの?」
「もはやエロ親父がセクハラついでに番組やってるくらいにしか見えなくなった」

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

疑問スッキリ!セクハラ相談の基本と実際