ゴシップ

高橋ジョージを黙らせた三船美佳の“切り札”とは

【この記事のキーワード】
左:高橋ジョージTwitterより/右:三船美佳オフィシャルブログより

左:高橋ジョージTwitterより/右:三船美佳オフィシャルブログより

 モメにモメていた女優・三船美佳とロックバンド「THE虎舞竜」の高橋ジョージの離婚が3月29日、成立した。昨年1月、三船が離婚と長女(11)の親権を求め提訴。夫のモラルハラスメントを理由に挙げていたが、高橋側は完全否定し、裁判は長期化の様相を呈していた。

 同30日発行の「スポーツニッポン」によると、状況が一変したのは、今月15日に行われた6回目の弁論準備手続き。この時、三船側が今まで温存していた膨大な資料を提出したと報じた。内容は不明だが、同紙では離婚問題に詳しい弁護士の話として「このケースでは、夫側に公開で行われる法廷で明らかになっては困る証拠が出てきたことが考えられる。法廷に立つことを避けるため、ここで離婚に同意した方がいいと思ったのではないか」と報じている。

 これに高橋はtwitter上で「この記事だけは見過ごせない内容だ。3/15日の時にどちらからも書類提出なんかは無かったし、せっかくの和解に水をさす気か?」と激怒。31日放送のTBS系『白熱ライブ ビビット』でも、「裁判は公開で行うので子供のことなど詳細が明らかになってしまう。それで傷つくのはお子さんでしょ? という裁判官からの和解勧告があったから」と、あくまで裁判所の要請に応じただけであると力説した。

 だが、離婚条件を見ると、慰謝料はゼロなものの、争っていた長女の親権は三船。31日発行の「サンケイスポーツ」によると、現時点で高橋が子供と会うことは許されず、三船が年2回、長女のカラー写真を高橋に送るという何とも切ないものだった。ある週刊誌記者は「高橋さんが大幅に譲歩した印象。いや、譲歩せざるを得ない事情があったように思えてしまう」とした上で、次のように証言する。

「高橋さんはモラハラを完全否定しているが、かねて三船さんが証拠の録音テープを持っていると噂されていた。第三者も同席した夫婦の話し合いの席での会話のようです。裁判が長引けば、それを切り札として証拠提出した可能性もあった」

 たしかにその音声テープが法廷で流れれば、高橋のイメージダウンは確実。高橋は芸能界でも有数の“地獄耳”で知られ、どこで聞いたのか、清原和博被告の薬物逮捕の舞台裏を得意げに話していたこともある。三船側の秘密兵器を事前に察知し、手を引いたのかもしれない。

 同番組で高橋は「美佳さんがイヤだったら、俺は反省するところがある。ただ『あなたのここが悪い』と言ってくれないと……」とグチる場面もあったが、夫にとっては“何でもないようなこと”が妻にとってはモラハラだったというのはよくある話。指摘されて改善するようならば、三船もここまで強硬な態度はとらなかっただろう。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

家庭モラル・ハラスメント (講談社+α新書)