連載

薬師丸ひろ子のぶっ飛んだ愉快な振る舞い…旅番組でのリアルコメディエンヌぶりがスゴイ

【この記事のキーワード】
「薬師丸ひろ子 北海道夕張市」 (NHKオンデマンドより)

「薬師丸ひろ子 北海道夕張市」 (NHKオンデマンドより)

 毎週月曜日の20時からNHKで放送されている人気長寿番組『鶴瓶の家族に乾杯』は、ゲストを一人招き、笑福亭鶴瓶と一緒に日本のどこかの町や村を訪れて、その地域の人々とぶっつけ本番のアポ無しで触れ合うという、ハートウォーミング&ドキュメンタリー旅番組である。基本的には一人のゲストに対して、前編・後編という二部構成で二週に渡って放送されている。9月2日の放送では、同局の人気朝ドラ『あまちゃん』の鈴鹿ひろ美役として、お茶目なコメディエンヌぶりで楽しませてくれている薬師丸ひろ子がゲスト。

 薬師丸さんは前週の8月26日に放送された前編から、かなりぶっとんでる感じであった。今回選ばれた訪問地は、夕張メロンでお馴染みの北海道夕張市だったのだが、鶴瓶も薬師丸さんも初めて訪れたそうだ。二人とも映画やドラマの撮影で一回くらいは来ていそうな感じであるが、夕張の地へ足を踏み入れたのは今回が初体験だったらしい。

あべかわ餅といそべ焼き

 たいてい前編では、二人一緒の行動をするのがこの番組のお約束なので、まずは二人で「お昼ごはんを食べる」というのが目的だった。2007年に財政破綻した夕張の町では見るからに寂れてしまった感じで、営業しているお店自体が少ないということも手伝って、なかなか二人が食べたいと思う料理店が見つからず、あちこち歩き回っていた。

 せっかく初めて夕張を訪れたのだからと郷土料理を期待していた薬師丸さんだったが、結局、選択肢が少な過ぎてわりと普通の喫茶店でランチをすることになってしまった。鈴鹿さん的には、「ちぇちぇちぇ~!」な結果だったであろう。

 その喫茶店で、「オススメ聞いてみようかなぁ……」と言いながらも結局聞かずに、お腹を空かせ過ぎた薬師丸さんが注文したのは、まさかの「あべかわ餅」だった。数あるメニューの中、ランチで「あべかわ餅」を注文しちゃう女優に、ズッコける鶴瓶。「おやつじゃないよ、お昼ごはんだよ?」と見ていた視聴者もツッコミたくなったかもしれない。普通に鶴瓶はナポリタンを注文したというのに……。まぁ、お餅だから腹持ちが良さそうではあるが、喫茶店のランチでなかなかきな粉のついた甘いお餅はチョイスしないよな~。

 後からスタジオのトークで分かったのだが、薬師丸さんは常々、自分で「あべかわ餅」を作る時はお餅にきな粉が上手くまぶせないのに、どうしてお店で出てくる「あべかわ餅」には綺麗にきな粉がまぶせてあるのか不思議だったそうだ。だから今回注文したのだとか。だからって、わざわざ初めて訪れた北海道の夕張で検証しちゃう薬師丸さんって~! お店のマスターに「三個の内一個は、のり巻いていただいていいですか?」と丁寧に「いそべ焼き」風をワガママ注文だってしちゃったよ~! 甘いのと辛いのと交互に食べたかったんだって。カワイイね! しまいには、お餅を三つも食べちゃったから「眠たくなってきちゃったぁ」だってさ~。子供かよっ! 私は、なんとも無邪気な薬師丸さんからもう目が離せなくなってきていた。

1 2 3

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

木更津キャッツアイ 5巻BOX DVD