ゴシップ

辻希美を叩きまくり「極悪ママタレ」に仕立てるのは誰か?

【この記事のキーワード】
辻希美

稼げるってかっけーよ!(「辻ちゃんのリボンDays」ワニブックス)

 特にテレビ番組に出演してあれこれおかしな発言をするわけでもないのに、毎日、ただブログを更新するだけで「非難殺到」「炎上」といったネット記事(ただの2ちゃんねるまとめサイトの場合も多々あるが)が話題になる辻希美は、芸能人としてたいしたものだ。その商品価値は相当お高いようで、発売中の写真週刊誌「FLASH」(光文社)が伝えたところによると、彼女はブログ更新だけで月に512万1,723円を稼いでいるようだ。

 これは、ブログに掲載されている広告バナーのクリック数に応じて支払われる「アフィリエイト広告」や、アクセス数に応じ「1000ページビュー=30円」が支払われる「PV収入」、そして商品のPR記事を掲載することで5万円から300万円が支払われる「記事マッチ広告」などを合わせて、月収500万超え、という試算だ。

 辻希美がアメブロ上に開設している公式ブログ「のんピース」は、アメブロ上の閲覧数ランキングで常に上位をキープし、今は殿堂入りしている。ネットニュースで彼女のブログ上の“何か”、たとえば今なら、子供の裸写真を掲載したとか、娘の散髪代が5,000円だとか(過去にはそうめんにウインナーを投入したりとか、弁当の中身がウインナーだらけだとか、自転車4人乗りを画策中だとか、メロンパンがおかしいとか……)が話題になることで、実際に彼女のブログを閲覧する人も増加する。アクセス数が増えれば、広告クリックも増え、彼女の収入もバッチリ、という算段である。

ブログ更新はラクな仕事か?

 この「ブログ更新だけで月収500万」という情報は、さらにネット上の辻叩きに拍車をかけている。察するに、「毎日汗水たらして働いても手取り20万なのに、ブログ更新だけでそんなに稼ぐとはけしからん!」という嫉妬が渦巻いているのだろう。だが、汗水たらして働かなければ高収入を得てはいけない、という決まりはどこにもない。あくまで個人の価値観である。自分自身の価値観に縛られているがために、しなくてもいい嫉妬に苦しみ、憎悪に悩むくらいなら、「うらやましいネ♪ さ、ウチはウチ、よそはよそ!」で済ませてしまえばいいのだが、そうもいかないのが人間なのだろう。

 しかし、ブログ更新は確かにラクな仕事に見えるが、実際に自分がそれを毎日やれと命じられたら、「えー、めんどくさい」と感じるものではないだろうか。四六時中、子供の様子を写真に撮り、それをアプリで加工して保存。文章や絵文字を添えて送信。あ、タイトルもつけなくちゃ。自分自身の写真も掲載するため、どこに出掛けるでもない日でもヘアメイクはしっかり。食事のたびに一応写真を撮っておき、しかるべきタイミングで「ぢぁぁぁ~~~ん」と更新。……正直、面倒だ。しかしこれも仕事だ、頑張るしかない、と気合いを入れて、子供たちを寝かしつけた真夜中に、写真を加工したり記事を予約投稿したりとちまちま作業をしているのかもしれない。すっぴんで。

 しかし彼女は3人の子供を保育園に預けず(長女はすでに幼稚園に通う年齢)育児中の身であり、近所に住む両親に手助けしてもらうことはあるものの、働くお母さんというよりは、専業主婦に近いイメージのタレントだ。たまにテレビやイベントに出たりして「芸能人」としての仕事をこなすが、ブログにつづられる内容も基本的には主婦・母としての日々。そんな“専業主婦”が、「ブログ更新ごときで」、月に500万も稼いでいる……というのが気に食わない人は確かに少なくないだろう。だが彼女にはモーニング娘。時代に培った知名度があり、高い商品価値がある。ただの主婦ではないのだ。

1 2

ヒポポ照子

東京で働くお母さんのひとり。大きなカバを見るのが好きです。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

人生いろいろウインナー1kg ウインナーカッター ハローキティ【キャラ弁・デコ弁】