ゴシップ

セクハラパワハラ横行の『テラスハウス』で「酷いことされて」「夜はベッドが怖く」なった女性出演者が芸能界引退

【この記事のキーワード】
『テラスハウス インサイド』扶桑社

『テラスハウス インサイド』扶桑社

 2012年から2014年までフジテレビ系で放送されていた恋愛リアリティー番組『テラスハウス』。昨年2月に劇場版となる『テラスハウス クロージング・ドア』が公開され、現在は新シリーズ『TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY 』が「Netflix」でネット配信されている。

 同シリーズは、男女が共同生活を送る中で生まれるリアルな恋愛模様が反響を呼び、テレビ放送時に若者の間で人気を確立。さらに、今井華(23)や筧美和子(22)など、同番組出演をきっかけにメディア露出を増やすタレントもおり、注目が集まっていた。

 “現役金融系OL兼グラビアアイドル”として活躍していた松川佑依子(25)も、『テラスハウス』がきっかけで芸能活動を本格化させた一人である。彼女は『テラスハウス クロージング・ドア』に出演し、その後写真集をリリースしたり自身のラジオ番組を持つように。しかし、3月31日のブログで芸能界からの引退を発表した。彼女は先立って昨年12月のグラビア引退を発表し、ブログにてその経緯を明かしていた。一部引用する。

「酷いことされて実家に帰って家から出れなくなった時期があったのね。会社も行けなくて。去年の今頃かな。でも撮影しなきゃみんなに迷惑かかるから行かなきゃって思って。夜はベッドが怖くて車で寝たりしてた。そんなことしてたら心がおかしくなってきて、この人たちと関わる場所にいたくないって思って」

 「去年の今頃」というのは、『テラスハウス』撮影時にあたる。その時期に、彼女は一体、誰に、どんな酷いことをされて実家に帰ったというのか。まず、撮影用テラスハウス内のベッドで寝るのが怖くなるような出来事が彼女の身に起こった。そして「この人たちと関わる場所にいたくない」と思うようになった。「この人たち」というのが、同番組の出演者なのかスタッフなのか、あるいはその両方なのか不明だが、複数人であることはわかる。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

フジテレビはなぜ凋落したのか (新潮新書)