ゴシップ

「キラキラママ♪」を諦めた眞鍋かをりの潔く賢い舵取り

【この記事のキーワード】
日経DUAL 眞鍋かをり連載記事より

日経DUAL 眞鍋かをり連載記事より

 昨年10月に第一子を出産し、すでに仕事現場に復帰している眞鍋かをり(35)。芸能界に入る前から憧れを抱き続けてきたTHE YELLOW MONKEYの吉井和哉(49)と4年の交際を経て妊娠・結婚したが、吉井との家庭不和が絶えず噂され、「ママタレ化できなくて大誤算」と揶揄するネットニュースなどもある。今年はイエモンが再結成し、吉井が非常に多忙となったため、子育てを眞鍋ひとりが抱え込みシングルマザー状態を嘆いているとも。

 しかし眞鍋が『日経DUAL』で始めたコラム連載からは、いわゆるママタレ市場に打って出ないことが、「大誤算」ではなく「賢い選択」であると伝わってくる。もともと「ブログの女王」と賞賛を浴びた文才を持つ彼女には、改行だらけの文章と絵文字と写真で構成された“ママタレブログ”や、美しく輝く日常生活の一部を切り取って額縁に飾るようなInstagramよりも、長文で思考を綴る形態が合っている。コラムニストとしての仕事は彼女に打ってつけだ。もちろんその内容も、「子供がかわいくてとっても幸せ」なキラキラフィルターのかかったママタレ然としたものではなく、一般女性読者がリアルに感じられるものになっている。

 たとえば産後「おっぱい量の足りない自分を責めた」というくだり。『はじめてのことばかりでワケがわからないのに、失敗は許されないという緊張感』『24時間、頭の中はおっぱいのことばかりで、メンタルはボロボロ』。産後2カ月半での比較的早い仕事復帰となったが、5年前に両親が四国の実家から東京都内に移住して近所に住んでいるため、子供を預けて働くことができているという。復帰について『産後すぐに働き始めると「仕事なんかせずにもっと子どものそばにいるべきだ!」なんて言われるのを覚悟していたのですが、そういった声が届かなかったのも、時代なのかもしれません』と、不安だった胸のうちも明かしている。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

眞鍋かをりの世界ひとり旅手帖