ゴシップ

愛人失格!! 売れ続ける橋本マナミの「脅迫メール暴露」

【この記事のキーワード】
橋本マナミ

オフィシャルブログより

 今クールから『バイキング』(フジテレビ系)の金曜レギュラーに抜擢されるなど、レギュラー番組が4本も増えたグラビアモデルの橋本マナミ(31)。連続ドラマ『不機嫌な果実』(テレビ朝日系)にも女優として出演する大躍進だ。

 黒髪に白い肌と豊かな胸、匂わす色気で実年齢よりも年上に見える彼女はテレビ業界で「壇蜜の後継者」と目され、“国民の愛人”・“愛人にしたいタレントナンバーワン”などのキャッチコピーが与えられている。彼女自身、愛人キャラは“つくりもの”ではなく、「実は愛人オファーがすごいんです。お金の交渉をされることもある」とオープンにしている。

 ブレイクしたのは昨年だが、橋本は1997年に『第7回全日本国民的美少女コンテスト』で演技部門賞を受賞し芸能界入りしたものの、長く芽が出ることはなかった。当時の芸名は細川愛実。同じ年の同コンテストでは、審査員特別賞を獲得した上戸彩が大ブレイクした。一方の橋本は、水着でのグラビア活動やドラマの端役がほとんど。しかし2014年に約10年ぶりに発売した写真集『あいのしずく』(ワニブックス)が「大人の色気に満ちている」と評判を集め、その後の愛人キャラでのブレイクに繋がっていった。テレビバラエティの出演本数が急増したほか、初主演映画『イブの贈り物』が7月2日に公開予定で、女優として活躍していく道もひらかれた。

 本人にとっても仕事の充実ぶりは何よりうれしいことだろうが、だからといって調子に乗ってはいけない。4月15日に放送された『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ系)に出演した際、彼女はかつてドラマで共演した40代の主演俳優にくどかれた話を披露したのだが、笑えるものではなかった。

 彼女は以前(5年以上前)、出演したドラマの主演俳優(40代)からくどかれたと話した。その俳優と共演陣で食事に行ったところ、隣の席に座った俳優から携帯の番号を聞かれて交換し、「俺、マナミちゃんのこと気になってるから、頑張っちゃおうかな」と書かれたメールを受け取ったという。橋本は「仕事優先で」深い仲にならないよう誘いに乗らなかったというが、しばらくしてそうしたメールのやりとりが発覚したのか「主演俳優の彼女」を名乗る女性から「彼には女がいっぱいいて、あなたもその中の1人」「私は今妊娠していて、(彼に)堕ろせと言われたので堕ろします。このことを全部マスコミに流して死にます」と脅迫するような内容のメールが届いた。橋本は驚いたが、その後、その女性と主演俳優は結婚したのだという。スタジオは「誰?」「誰?」と湧き立ったが……。

 橋本の出演経歴から見るに、「5年以上前に40代の主演俳優」「当該ドラマ出演時は独身、現在は既婚者」の2つに当てはまる男性役者は一人しかいない。簡単に割り出すことのできてしまう過去の暴露話は、その男性にも、妻となった女性に対してもあまりに失礼である。橋本は「深い仲になっていない」と釈明するが、たとえ疑惑であっても浮気を疑うような事案が発覚してから夫婦が関係を修復するのは、第三者が想像するよりずっと大変なことだ。「端役だったのに主演俳優にくどかれた私。昔から愛人キャラなんですよ~」とアピールしたかったのかもしれないが、既婚者からくどかれた過去をペラペラ喋るのは愛人失格である。他にトークのネタもないのかもしれないが、せいぜい訴えられないようにしてほしい。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

不機嫌な果実 (文春文庫)