ゴシップ

坂上忍と梅沢富美男のクレーマー気質にドン引き!! 「俺様はお客様」の恫喝ぶりを恥ずかしげもなく披露

【この記事のキーワード】
左:坂上忍オフィシャルブログより/右:梅沢富美男オフィシャルブログより

左:坂上忍オフィシャルブログより/右:梅沢富美男オフィシャルブログより

 4月20日に放送された『バイキング』(フジテレビ系)で、坂上忍(48)と梅沢富美男(65)が、「マニュアル通りの接客なんて許せない」と主張し憤慨する様子を見せた。人間関係をテーマに、出演者が賛成と反対に分かれる討論形式のコーナーで、梅沢が自ら体験したという「嫌な接客」をVTR説明。コンビニでタバコを購入する際、年齢確認のボタンを押すよう言われることについて「見ればわかるだろう」と心底嫌な思いをしているという梅沢。ほかにも、マネージャーと2人でファストフード店に入店し、差し入れ用にハンバーガーを40個注文したところ、レジで接客を担当した店員が「店内でお召し上がりですか、お持ち帰りになりますか」と確認したことに激怒。「状況判断できないのか!」「今ここですぐ金払うから食ってみろ」と詰め寄ったそうである。

 司会の坂上忍もマニュアル通りの接客が不愉快だそうで、ファミリーレストランで注文をとった店員が復唱し確認することを「時間の無駄」とバッサリ。坂上の言い分としては、接客業は「マニュアル通りでOK」ではなく、マニュアルはあくまでも基本であり、その仕事につく以上、状況や相手に応じて柔軟な対応ができるよう成長していくべきだということらしい。それにもかかわらず、「ずっとマニュアルのことしかできないガキが多い」と感じるそうで、怒りを表明していた。梅沢はというと、「お客様に不愉快な思いをさせないためのマニュアル」のはずなのに、誤った使い方で逆に不愉快にさせている、と“苦言”を呈した。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

困ったクレーマーを5分で黙らせる技術