カルチャー

【エロメン☆タイム】3P慣れした一徹・有馬芳彦との4回連続セックス

【この記事のキーワード】

 「SILK LABO」による、“至福の3P体験”が収録されている『Addictive Triangular』。#1『これも何かの縁だしさ。』に続き、今回は#2『夢だと思えばいいよ。』を紹介します!

at0422

『Addictive Triangular』

 主人公の女性・小野は、以前の勤務先の同期である有馬芳彦演じる大木と2人で居酒屋へ。この日は同期会だったのですが、他のメンバーは早々に帰宅し、残ったのがこの2人だったのです。

at042503

ニッコニコ☆

 恋愛トークが始まると、大木は一徹演じる上司・日高の名前を出します。「日高さんって、ちょっと好きだったんだよね」と小野がこぼすと、大木はすぐさま日高に電話し呼び出します。ファインプレーッ! 日高が到着するやいなや、お調子者の大木は「小野さんって日高さんのこと好きだったみたいで~」と早速バラすこの日2度目のファインプレーッ!!「やめてよ、恥ずかしい!」と言う小野に対して、日高は「嬉しいわ、急に小野が女に見えてきた」ときわどい発言を……!

at042507

有馬くんナイスだよ~

 結局、日高が終電を逃したとのことで、朝までコースに決定! カラオケに行くことになると、小野は「カラオケで日高に肩を抱かれる」という妄想開始。気になる人と飲んでいる時って、ついついそんなことを考えちゃいますよね。

1 2 3 4

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

一徹写真集 『Caramel』 (ダ・ヴィンチブックス)