連載

風間トオルの貧乏少年時代がスゴ過ぎる! 服を着たまま洗濯機に入った入浴秘話

【この記事のキーワード】
風間トオル

風間トオルオフィシャルサイト

 9月7日に2時間のスペシャル番組として、テレビ朝日で放送された『明石家さんま主催 ならでは体験!THEコンプレッくすっ杯』は、土曜日のお昼間に「おデブ・貧乏・変ボイス・コワモテ」の4大コンプレックスをそれぞれ持ってしまったゲストたちがチームを組んで独自のコンプレックスエピソードトーク合戦を繰り広げていた。各チームの代表が3つの“ならでは体験”を披露し、審査員(関根勤・ローラ・高橋真麻)が“ならでは!”と思ったチームが優勝できるというルールであった。各チームのメンバーはコチラ。

【おデブ】チーム
石塚英彦・内山信二・渡辺直美・真矢(LUNA SEA)

【貧乏】チーム
風間トオル・森口博子・石田明(ノンスタイル)・桑田彩(アイドル)

【変ボイス】チーム
天龍源一郎(プロレスラー)・清水よし子(ピンクの電話)・小沢一敬(スピードワゴン)・冨浦智嗣(高い声の若手俳優)

【コワモテ】チーム
白竜・田中要次・木村祐一・佐藤哲夫(パンクブーブー)

 オープニングトークで「子どもの時に草とか食ってましたからね~」とカウンターパンチをかましたのは、ダンディーイケメン・風間トオル。他のバラエティ番組やトーク番組などでも風間トオルのド貧乏幼少時代の話を聞いたことがあったが、MCの明石家さんまは風間トオルのことを“ボンボン育ち”だと思っていたらしく、まさかの「草食べ発言」に驚いていた。風間の「(草も)美味しいですよ~♪」に、さんまは大爆笑! 風間と同じ貧乏チームであるノンスタイル石田が草を食べて草っぽい顔になるのは分かるけれど、草を食べても風間のようなイケメンに育つのが不思議でしょうがない様子だった。

 番組内のナレーションには森本レオを起用し、4組のチームメンバーがそれぞれ持っているコンプレックスエピソードを優しく読み上げていた。紹介されるエピソードの中で、誰よりもかっ飛ばしていたのは、やはりオープニングからさんまの心をガッツリ捕らえた風間であった。

トオルちゃんのアブない入浴

 最初のテーマ「ならではの……悲劇体験」で風間は、「子どもの頃、家にお風呂が無く銭湯に行くお金もなかったので……、毎晩、洗濯機に入ってました」と、ぶっちゃけ~!するとさんまの大きな笑い声とゲストたちの「えぇ~っ!!」という驚愕の声がスタジオに響いた。

 しかも、止まっている洗濯機ではなくって、風間少年は洋服を着たまま動いている洗濯機の中に入っていたらしい。キャ~‼ 危ないって~‼ さんまは、もう衝撃的過ぎて「ひゃ~っ、ひゃ~っ、ひゃ~っ!」の引き笑いが止まらないよ~‼

 「(服を着たまま入れば)体も洗えるし、服も洗えるんですよ♪」「(洗濯中は)真ん中の下(回転盤)が回るから足を(洗濯槽の)壁の方にペタ~っと、くっつけて、(手も壁を押さえるジェスチャーをして)こうして、それで入ってましたねぇ」と伊賀の忍者ばりに荒技過ぎる一石二鳥を解説していた。わ~、お風呂に水貯めて入るよりとってもエコだけど、恐ろしくキ・ケ・ンだよ!

1 2 3

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

金持ち老後vs貧乏老後 (日経ホームマガジン 日経マネー)