ゴシップ

「リア充でしたよ」潔癖症・人見知り・気難し屋のトリプルコンボ俳優・本郷奏多の意外な大学生活!!

【この記事のキーワード】
本郷奏多 オフィシャル・ウェブサイトより

本郷奏多 オフィシャル・ウェブサイトより

 ドラマや映画に絶賛活躍中のイケメン俳優、本郷奏多。そんな本郷が今月23日、関東の大学サークルが集まるイベント「Freshman’s Fes 2016」に登場し、大学時代の生活について振り返った。そこでは「どちらかというとリア充寄りの生活を送っていました」「25歳の立派な成人男性なので、デートの1度や2度はありますよ」と語り、ネット上では「意外だなおい!」「イメージと違う!」といった声が上がっている。

 そもそも本郷は、ファンのあいだでは常識といってもいいほど有名な潔癖症で、人見知りで、気難しい男というトリプルコンボ。そんな本郷から飛び出た「リア充」や「デート」といった単語に驚きの声が上がるのも当然だろう。昨年8月に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した際には、家に友人を招くときには玄関で着替えて欲しいと思っていることを明かしている。誰が触ったのか分からないものが生理的に受け付けないようで、電車の座席に触れた衣服を家のなかに持ち込まれることにすら、拒否反応が出てしまうとのこと。

 本郷は今回のイベントでも、「みなさん女性に料理を作ってもらいがちで、手料理というファーストステージがマストだと思ってるじゃないですか。いらないんですよ」とポリシーを語り、「(手料理を作るぐらいなら)コンビニでグミを買ってきてほしい」と豪語した。男は胃袋を掴んで落とせとはよく言われるが、本郷には通用しなさそうである。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

実写映画 テニスの王子様 プレミアム・エディション DVD