ゴシップ

ベッキー渾身の不倫謝罪文に「我慢がない、自分本位」 不倫愛の虚しい終着点

【この記事のキーワード】
『心こめて/ハピハピ』EMIミュージックジャパン

『心こめて/ハピハピ』EMIミュージックジャパン

 今年1月、「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫が大騒動になり、全CM降板、テレビ出演もゼロの芸能活動休止となったベッキー(32)が、騒動の発端であり不倫を報じた「週刊文春」(文藝春秋)に、直筆の手紙を送った。同編集部にベッキーの所属する芸能事務所・サンミュージックプロダクションの代表取締役社長が訪れ、デスクへ手渡したのだという。同誌はこの手紙全文を誌上公開し、川谷とベッキーの関係は完全に終止符を打ったと伝えている。長引いた不倫騒動はこれにて幕引きとなりそうな気配だ。

 「週刊文春」は騒動以降、ベッキー本人へのインタビューを事務所を通じて再三申請していたという。同誌が本人の口から直接聞きたがっていた焦点は「川谷との関係が現在どうなっているのか」だ。インタビューには応じなかったが、ベッキーは便箋5枚にわたり美麗な文字の直筆手紙をしたためた。そこには、<もう川谷さんとは関係がないので><川谷さんとの関係についてですが、もう連絡を取っておりません><川谷さんへの気持ちはもうありません>とある。

 いわく、川谷と交際するようになった昨秋、ベッキーは川谷から「結婚しているが、離婚予定だ」と聞かされていた。すでに夫婦仲は破綻していて、卒論(離婚届の隠語)の提出は規定路線だと信じて疑わなかったようである。しかし「文春」1月21日号に載った川谷妻の独占インタビューを読んだベッキーは、<そこで初めて奥様のお気持ちを知り、自分の気持ちの整理がつきました>。それ以降、川谷からの電話は着信拒否して連絡を絶っているという。LINEもブロックしたのだろうか。あれほど見事に盛り上がっていた恋愛をこのような形で終わらせたのだから、ベッキー自身の喪失感も相当なものだろう。

1 2 3

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ベッキーさんの悲しみや苦しみの乗り越え方