インタビュー

「親に育てられなかった子ども」が児童養護施設を出るとき、立ちはだかる社会の壁

【この記事のキーワード】
NPO法人ブリッジフォースマイル・植村百合香さん

NPO法人ブリッジフォースマイル・植村百合香さん

保護者の経済的理由や虐待などによって家庭で育てられなくなった子どもたちが預けられる児童養護施設は、18歳で施設を退所しなくてはなりません。ただでさえ不安な新生活にもかかわらず、子どもたちは頼る人も、制度もないまま、自立を迫られるのです。児童福祉保護法改正の議論とともに、施設出身者の進学率の低さに注目が集まっていますが、本当の問題はどこにあるのでしょうか。児童養護施設から社会に巣立つ子どもたちの自立支援をしているNPO法人ブリッジフォースマイルの植村百合香さんにお話を伺いました。

――児童養護施設にいる子どもたちはどのような理由で入所しているのでしょうか。

植村:みなさんがイメージするような、親の死亡・行方不明で天涯孤独に……という子どもは1割もいません。一番多い理由は育児放棄(ネグレクト)を含む親からの虐待です。そのほかにも、貧困、親の疾患、拘禁といった理由から、親が養育できなかった子どもたちが児童養護施設に入ります。「社会的養護」が必要な子どもとされ、現在4万6000人が児童養護施設や里親のもとで暮らしています。

(ブリッジフォースマイルHPよりhttp://www.b4s.jp/children/)

(ブリッジフォースマイルHPよりhttp://www.b4s.jp/children/

――親は存命だけれど、一緒に暮らせない子が多いのですね。孤児院のようなイメージがありました。

植村:1970年代までは、保護者の死亡・行方不明が4割近くをしめていました。40年前の古いイメージのままの人が多いのかもしれませんね。2000年に児童虐待防止法が施行され、社会で児童虐待について関心が集まり、児童相談所における児童虐待の相談件数が大幅に増加していることも背景にあります。

(ブリッジフォースマイルHPよりhttp://www.b4s.jp/children/)

(ブリッジフォースマイルHPよりhttp://www.b4s.jp/children/

植村:実際に、8割ほどの子どもが、親と連絡を取っています。家族との縁が完全に切れているわけではないのです。正月やお盆休みに帰省し、一緒に過ごすこともあります。実際は施設と家を行ったり来たりしているのが現状です。

施設の平均在所期間は、平均して5.2年です。生活保護家庭だったけれど親の仕事が決まって落ち着いた、親の病気が治り退院できたなど、問題が解決したら基本的には家庭に戻ります。

児童養護施設にいる多くの子どもたちは、高校卒業とともに施設を退所します。ですから、それまで親元に戻れなかったということは、親の力に頼れないことを意味します。もちろん、18歳で家庭復帰する子もまれにいるのですが、ほとんどが一人暮らしを始めます。

1 2 3

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ひとり暮らしハンドブック 施設から社会へ羽ばたくあなたへ―巣立ちのための60のヒント―