恋愛・セックス

「夜に2人きりで会う」のはNG? 妻が許せる「夫の女性関係」のボーダーライン

【この記事のキーワード】
Photo by Sean Molin from Flickr

Photo by Sean Molin from Flickr

 今年は芸能界や政界での不倫が多数明るみになっています。私の身の回りでも不倫話を聞くのはさほど珍しくなかったり、不倫とまではいかずとも「合コンに既婚男性が参加していた」「既婚男性に2人きりで食事に誘われた」との話を独身女性に聞くこともあります。

 家庭がありながらも不倫に走ったり、不倫予備軍のような行動を取る夫。それらを妻は知っているのか。そして、知っているとしたら許しているのか……? 今回は、既婚女性たちに「夫の女性関係はどこまで許せるか?」について聞いてみました。

■「夜に2人きり」はNG

「例え仕事関係の女性や女友達でも『夜に2人きり』では会ってほしくない。どうしても夜に2人きりで会わなきゃいけない理由なんてないだろうし、そもそも『結婚して子供もいる男と夜に2人で会いたい』なんて言う女性はろくなことを考えてないと思うから」(30歳・主婦)

 相手がどんな女性であろうと「夜に2人きり」は許せないという人も。夜に会うとなれば、お酒が入ることも多いでしょうし、確かに不倫の心配をしちゃうかもしれません。

■友達期間で判断

「昔から仲のいい女友達と飲みに行くのはOKだけど、結婚後に知り合った女性と飲みに行くのは嫌かも。まだ知り合ったばっかりなら、今後怪しい関係になる可能性があるんじゃ? って疑っちゃう。でも、夫には『ただの友達なのに考えすぎ』と言われてしまう」(29歳・OL)

 夫とその女性との友達期間の長さでジャッジするケース。ただ、同窓会での再会を機に不倫が始まることもありますし、「昔から知っている仲だから問題ない」とは言い切れない気もします……。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

同窓会~ラブアゲイン症候群 DVD BOX