ゴシップ

能年玲奈を芸能界から「追い出す」ことの理不尽

【この記事のキーワード】
能年玲奈オフィシャルブログより

能年玲奈オフィシャルブログより

 2013年に大ヒットした朝ドラ『あまちゃん』で主演を務めた女優・能年玲奈(22)の、常に潤んでいるような黒目がちの大きな瞳は本当に印象的だった。あの瞳を見ると、視聴者の多くはつい「頑張れ!」と彼女を応援したくなったのではないだろうか。『あまちゃん』のヒロインはまさに適役だった。

 このドラマで一躍時の人となった彼女は、少女マンガ原作の映画『ホットロード』『海月姫』に主演するのだが、いつからか彼女にきな臭い噂がたつようになった。「能年玲奈は洗脳されている」というものである。能年を洗脳した人物とは、50代の女性演出家・滝沢充子氏だとされている。

 滝沢氏と能年が知り合ったのは約10年前。能年の所属事務所が開いたワークショップの演技指導者と生徒として知り合ったという。コンプレックスを徹底的に刺激する滝沢氏独特の教えに心酔した能年。「あなたは女優をやらないと生ゴミね」と言われたことから、滝沢氏のことを「生ゴミ先生」と呼び、慕いだしたという。滝沢氏は能年のことを、自著にも綴っているし、能年自身、テレビ出演時に“52歳の親友”“唯一の友達”として滝沢氏のことを話していた。「フライデー」(講談社)に、彼らが手をつなぎ外出する隠し撮り写真が掲載されたこともある。

 昨年1月、能年が個人事務所「株式会社三毛&カリントウ」を設立したことから、雲行きは怪しくなった。同社の取締役には滝沢氏の名があり、「田舎育ちの純粋な若手女優を、おばさんが洗脳してそそのかした!」と断罪する報道が相次ぐようになった。能年の所属するレプロエンタテインメント側に立つ芸能記事は、「能年に仕事をとってきても、本人が『出たくない』と拒否。契約がまだ残っているのに『事務所を辞めたい』と強硬な態度をとるので、仕事をさせたくても出来ない状況」と説明していた。そのレプロと能年との契約期限が、今年6月。もう間もなくだ。それゆえ、再び能年周辺の動きを報じるマスコミが活発化している。

 「能年玲奈、引退へ」と報じた24日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)では、あらためて、能年が「滝沢氏のせいで」いかに変貌し、所属事務所のマネジメントが立ち行かなくなったかについて詳細に書いている。「能年は事務所の許可を得ずに『あまちゃん』ロケ現場へ滝沢氏を呼び、現場を混乱させた」、「能年は不平不満を漏らすようになり、マネージャーにブチ切れしたりするようになった」。また、現在公開中の映画『ちはやふる』と放映中のドラマ『重版出来!』(TBS系)は当初、能年主演で企画が進んでいたにもかかわらず、個人事務所設立の一件でお流れとなってしまったともある。

 能年はレプロとの契約を更新する意志はないようで、今後は個人事務所で芸能活動を考えているとしている。記事では芸能ジャーナリストである佐々木博行が「事務所に不満があるといって独立してもうまくいくわけはありません。芸能界に残るのは難しいでしょう」とのコメントも掲載。さらに、今後事務所は能年に被害をこうむったとして法的手段に出ることも考慮している、としている。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1