ゴシップ

「会えそうで会えない」佐藤健の出没スポットとは?

【この記事のキーワード】
アミューズ オフィシャル ウェブサイトより

アミューズ オフィシャル ウェブサイトより

 今月24日、俳優の佐藤健が映画『世界から猫が消えたなら』大ヒット舞台挨拶に出席。そして、この出番前に自撮り棒をもって渋谷を歩いていたことを明かした。気になる街の反応はというと、「ぼちぼちでしたね」「誰からも声をかけられませんでした。街に馴染むのが得意なんです」。

 しかし、舞台挨拶の会場では「見たよー!」とファンからの声が飛んできたり、佐藤が現れた時間のTwitterを見ると「渋谷のTSUTAYAに佐藤健がいた!」「生の佐藤健は思ってた以上にイケメンだったわ」「本日のプチ自慢。佐藤健を見た」など目撃情報が多数。どうやら、佐藤が街に馴染んでいたのではなく、オーラが凄すぎて声をかけづらかったようだ。

「それでも佐藤が『街に馴染むのが得意』と自負するのにはしっかり理由があって、実は佐藤はプライベートで『リアル脱出ゲーム』『謎解きゲーム』によく行くのです。当然一般人に混ざって参加しているので、確かに『なじむのが得意』というのはあながち間違いじゃないですよね。ただ、一班4~10人くらいの謎解きチームは、友人知人で固めるとのことです。最近でもゴールデンウィーク明けの平日に、ゲーム会場で目撃されてますね」(芸能ライター)

 2008年のドラマ『ROOKIES』(TBS系)での共演以来ずっと仲の良い城田優とは、最近でも週5日ほど会うようで、お互いクイズが好きなため『リアル脱出ゲーム』に同行することも多いという。また、卓球や人狼、ダーツ、カラオケなど多趣味なうえにアクティブで、酒好きなこともあり頻繁に出歩いているようだが、「ファンの人にはがっかりな情報でしょうが、佐藤と遭遇するのはそう簡単ではないですよ」(同)とも。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ロミオ&ジュリエット DVD